大人でもPFAPA・FMF非典型疑い

2015年から原因不明の高熱に悩まされ診断つかず2019年にPFAPAまたはFMF非典型疑いと診断された四十路の記録

【読書】あなたの脳のはなし:神経科学者が解き明かす意識の謎 デイヴィッド・イーグルマン

 

あなたの脳のはなし:神経科学者が解き明かす意識の謎

あなたの脳のはなし:神経科学者が解き明かす意識の謎

 

 

とても分かりやすい脳科学の本で、厚い本の割に一気に読めた。

 

要点としてはこうだ。

 

  • 脳は身体との相互関係において働いている
  • 身体からのインプットが無ければ人間は何も感じない。感じているのは脳だ。
  • 感覚から脳に情報が達してそれを知覚するまでに時間を要す。人間は常に過去を生きている。
  • 人間に分かる情報は限られている。人間が見ている世界が世界そのものではない。
  • 自分だけの脳で完結していない。脳は社会の関係性に影響される。
  • もし脳が電気信号を受け取って計算する臓器なのであれば、電気信号を送る機械を脳に差し込めば、知覚を得られるかもしれない。

 

これらの要点を読んで何とも興味がわかない方は、たぶん読んでも面白くないだろうと思う。だけど興味がわく人は一度読んでみるべきだ。

 

特に個人的にずっと思っていた、人間が感じる「今ここ」は実際にはないという話が出てきてとてもうれしかった。人間が今ここを感じた瞬間に今ここは過去なんだということはずっと思ってきたし、これからも確信を持って言えると思う。

 

感じるのをやめた時に初めて今ここが出てくるんだろうけど、その瞬間はたぶん「我」がなくなっている状態で説明さえできない状態なんだろうなと思う。

 

加えて私たちが生きている世界はある意味イリュージョンの世界であり、いわゆる仏教でいうところの「色」なんだろうね。なんて感じで脳科学から色々と考えさせられるポイントの多い本だった。

 

仕事の役には立たないけど、世界を捉える感覚は変わるだろう。どんな自己啓発書よりもある意味パワフルだ。

 

Life is the dancer and I am the dance.

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...