ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【読書】「メモの魔力」と「起業家のように起業で働く」

どーもー、ぼんやり大好きボンヤリノスキーです。




今日は読んだ本の紹介!



1冊目

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

売れてるようですね。




売れるということはそれだけの訴求力があると言うことになりますが、今さら何でメモの本が売れるんだろうって思いません?



わたしはかなり待って、図書館で借りました。



売れてるからってすぐには買いません。



ケチですから。



で、3回くらい読みました。



著者のように成功したい人はやるべきです!



そうでなければこんな面倒くさいことしなくていいです。



もしくは自分の好きな方法を続けてください。



著者の熱い気持ちはひしひしと伝わってきます。



本当に真剣にメモについて語っておられる。



そして実際に成功しておられる。



真似るしかないでしょう!



著者のように成功したいなら。



わたしはですね、ぼんやりしたいので著者のようにメモする熱量はありません。



ただ熱い思いが伝わってくるので、読み物としては大変面白かったです。



事実から考えを展開していくというやり方はとても有効だと思います。



ただやり方は人それぞれでいいでしょう。



それと価値観探しですが、わたしみたいにアラフィフに近づくと今さら感あります。



若い方は考えてみてもいいかもです。



ちなみにわたしは仕事中はパソコンでメモっておいて時間のある時がーっと処理します。



普段はメモりませんがメモるときはスマホですね。



あとたまにコピー用紙に好きなように書きまくるってのもします。



2冊目!

起業家のように企業で働く 令和版

起業家のように企業で働く 令和版

もうねタイトルだけで十分価値のある本です。



自分の職場に嫌気がさしている、転職しようかなと考えている。



そんな方はとりあえずパラパラと読んでみてください。



わたしはなんか勇気もらいましたよ。



中身はまあ普通のことが書いてあります。



でもね、タイトルのような前提でこの当たり前のことを考えると、全く別物に見えてくるんですよ。



ですから、当たり前の普段の仕事をタイトルのような前提で眺めてみると、全く質が変わるわけです。



驚きでしょ?



ここ大事だと思うなぁ。



この本はタイトルが見えるように本棚に置くだけでも価値あると思うので買います。



と言うことで、めっちゃ久しぶりの本の紹介でした。



では、マター。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...