ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【コト】医療費控除がスマホでできるって!

確定申告の時期ですね。自営の方とかは大変でしょう。

 

先日、税務署に行ってきました。生まれてはじめて税務署に足を踏み入れたわけですが、確定申告の時期だけにすごい人が多かったです。

 

税務署といえば怖いイメージしかありません。恐らく祖母が若い頃から自営業だったが故にお金に関してシビアな人で、税金の話を良くしていたからだと思います。

 

今にして思えば祖母の言っていたお金の大切さは間違っていませんでした。あの頃の僕はお金に関して単に無知でしたが、今は家族もできて悠長なこと言ってられません。


スマホで医療費控除の申請するための手続き
今回の目的は医療費控除をするためてす。でも税務署でするためではありません。スマホですることができるようになったので、その手続きのためです。

 

スマホでするための手続きに、現場に赴かなくてはいけないという変な感じはまあ横に置いておきましょう。(笑)


手続き方法にびっくり!
その手続きにも笑ってしまいました。税務署に赴き、そこに設置されているネットワークにつながっているPCに表示されるフォームに僕本人がキーボードを使って入力していくのです。

 

そのネットワークは推測するに税務署内だけのネットワークなのでしょうが、これWEBでできへんの?わざわざ来てまでする必要あんの?と思う人は少なくないでしょうね。

 

それとキーボードで入力するのは今の時代にどうなんでしょう?と、提起だけしておきます。

 

実際にスマホで手続き開始してみたら
さて、この手続きでIDとパスワードが手に入ります。そのIDとパスワードで今後はスマホで医療費控除の手続きが可能になります。便利!便利に至る道のりは不便!

 

で、家に帰って早速IDとパスワードを入力すると、なぜかまた税務署で登録したはずの名前や住所を入力する羽目になりました...何なんでしょう?

 

うーん、サービス精神があるのかないのか判断に苦しみます。(笑)でも、チャレンジ精神だけは認めてあげましょう。上から目線になれるのはこんな時ぐらいです。

 

「医療費のお知らせ」には落とし穴が!
その後、職場から「医療費のお知らせ」が届きまして、中を見てみると、ん?なんだこれ?定期的に通っていた心療内科の情報が一個も掲載されていないではありませんか。そして9月までの項目しか載っていないので、結局領収書を一枚ずつ確認することになりました。

 

はっきりいいます。全然便利になってませんよ。ほんと。なんかもっといい感じで手続きできませんかね?

 

最終的に医療費控除に必要な10万円になんと4千円だけ足りないではありませんか!チーン。

 

なんだかねー。中途半端に外来医療にお金かかってしまっています。入院すれば私的保険で賄えるんですがね。やっぱり健康が一番ですよ。

 

自分の健康はさておき、税務署と医療費の通知を作成する保険者にはもう少し改善を求めたいですねー。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...