ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【コト】上咽頭炎とBスポット療法

クリスマスに最高のプレゼントをもらった。

 

喉痛と発熱だ。(笑)今回は40度越えたぞ。最高記録だ。なんて素敵なプレゼント。

 

しばらく発熱からは遠ざかっていたのだが、11月の終わりとこのクリスマスとで久しぶりの発熱天国?地獄?だ。

 

今回は年末に熱は下がったものの倦怠感や喉の違和感はずっと続いている。前までとは違う感じだ。なのでネットで調べまくったら、今まで調べた中でも引っかからなかった病気の可能性が出てきた。

 

それは「上咽頭炎」だ。上咽頭とは鼻の奥の突き当りの上咽頭部の炎症で、あーっと口を開けても見えない部分だ。慢性化すると不定愁訴の原因にもなるらしい。

 

この上咽頭炎、特殊な治療法があるらしく、それをBスポット療法という。詳しくはググってもらえば出てくるが、炎症がある上咽頭を綿棒でこする治療だ。

 

やっている耳鼻科も少ないらしく、今回はいつもと違う耳鼻科に行った。これまでの経過を詳細に紙にまとめて説明し、このBスポット療法が適用になるような上咽頭炎があるか診てもらった。

 

ビンゴ!である。「あー、ありますねぇ。」と喉頭内視鏡で上咽頭を映し出した医師が言う。カメラの画像が患者にも見える仕組みだ。僕も炎症があるのはすぐにわかった。(一応医療関係者なので)

 

で、Bスポット療法の始まりだ。これが痛いのなんのって涙出たわ。まあこすりつけるんだから痛いワナ。

 

「4回くらい治療したら良くなると思いますよ。」とのこと。ただ、「上咽頭炎でそんなに高熱は普通は出ないんだけどなぁ。」とも言っていた。結局高熱が出る原因はわからずだが、取り敢えずこの上咽頭炎をやっつけてみなければ分からない。

 

ということでまだまだ喉痛と高熱との戦いは続くのだった!

 

Life is the dancer and I am a dance.

I don't care what happen.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...