ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】伴走者 浅生鴨

 

伴走者

伴走者

 

 

お腹いっぱいな感じの小説からとてもわかりやすい小説に移って安心感。(笑)そのせいか一気に読んでしまった。

 

走っていた頃はいつか伴走者ができるようになりたいなと思っていた。もともと医療従事者だし、走ることを通してもなにか役に立てないかと考えていたからだ。

 

その感覚で最初のマラソン編を読むとびっくりする。自分の知らないレベルでの伴走者、そして全盲のランナーの話になっている。

 

冬のガイドスキーの話はさらに面白かった。ガイドの立場が途中で変わる瞬間は鳥肌ものだ。人が人に必要とされることと自立との対比が視覚障害者と健常者に関係なく、微妙な心理の変化とともに描写されている。

 

なんだろうな。僕自身も自分の弱さをしっかり見つめなきゃなと思った。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...