ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】知識と技術のその先にあるもの

この頃いわゆるビジネス書の類いを読んでいても全く頭に入ってこない。なのでストーリーのあるものとか仏教系の本を読んでる。

 

ビジネス書系はもうお腹いっぱいな感じ。これまで読んできた本から得た知識で身についたものは自然に自分のものになっているだろうし、身につかないものは必要ないんだろうなと思う。

 

インプットしてアウトプットすることは大事なんだけど、ある程度繰り返したらどこかで熟成する時間も必要なのかなと思う。というのも仕事はテクニカルな部分だけではどうにもならないことが多いからだ。

 

人と人が組織の中で一緒に働く上で、テクニカルなもの以上に必要なのは人間性だったり信頼関係だったりする。

 

そうしたヒューマンや部分はビジネス書じゃ身につかない。まあ人生経験だろうね。

 

それとやっぱりそうした人間性の機微への想像力という意味では、小説を読むということも大事だと思う。仏教に限らず精神性みたいなものの理解も重要だろう。

 

例えばテクニカルに「傾聴」が大事だと表面的に傾聴してみても、たぶん相手にはバレるんだよね。あ、傾聴しようとしてる!って。

 

バレないように傾聴できる人は、傾聴しようとせずともできちゃってる。それは技術を超えたその人の人間性だったり精神性だったりする。

 

管理の仕事していて最近すごく感じるのは、みんなその辺の事、具体的に気づいているわけじゃないけど敏感だなってこと。

 

しばらく僕自身も知識とか技術とかに距離を置いて、自分の内面で醸成されるものに意識を向けてみたいと思う。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...