ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【読書】4月の読書まとめ 「「病は気から」を科学する」から「ドラッカーの時間管理術」まで

読む冊数は減ってきてる。特に理由はないけど、読書欲が最近ない。

 

4月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1507
ナイス数:35

ドラッカーの時間管理術ドラッカーの時間管理術感想
成果を上げる5つの質問、それから「しなければいけないこと」「したいこと」「できること」の共有部分を増やすことの重要性、この2つの話が面白かった。僕自身あまり時間管理は意識的にはしてないのだが、1分感覚で記録をしていくだとか、それを整理して時間をまとめるだとか、そうした作業はちょっとできる気がしない。その記録することに気を取られて仕事ができなくなりそうだ。常にパソコン使う人ならソフトやアプリで簡単にできるのかもしれないけどね。僕は時間よりも優先順位を決めることが結果的に時間管理につながってるけどな。
読了日:04月27日 著者:吉松隆
35歳からの「脱・頑張(がんば)り」仕事術 (PHPビジネス新書)35歳からの「脱・頑張(がんば)り」仕事術 (PHPビジネス新書)感想
なんだか著者の一人語りみたいな感じの本で、全然頭に入ってこなかった。経験ベースの話はありだとは思うけど、僕には今のタイミングでこのタイプの本はあってなかったなと思う。コンサルなんで、もう少し工夫できた本なんじゃないかなぁ。偉そうにすいません。
読了日:04月20日 著者:山本 真司
スタンフォード式 最高の睡眠スタンフォード式 最高の睡眠感想
睡眠本はかなり読んできたつもり。なので書いてある内容は知っている内容ばかり。後はどう実践するかだけど、元々睡眠障害があった僕自身は治りつつある。決まった就寝時間がポイントだと思う。後はいかに副交感神経を眠る前から活性化させることかなと思う。人によってやりやすさやりにくさがあると思うので、ベースはこうした知見をベースに自分の生活に取り入れていくことが大事。
読了日:04月17日 著者:西野精治
ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)感想
一気に読める読みやすいSF小説だった。出てくるロボットがかわいいね。また一緒に成長していく主人公の姿も面白い。最初は仕方なく許す行為が、だんだん寛容さにつながっていくところはSFとは思えない面白さ。ただやはりSF的にはストーリーにやや粗削り感はあるかなと思うけど、一種の寓話的なスタイルだとお思えばこれはこれで面白かった。
読了日:04月15日 著者:デボラ インストール
「病は気から」を科学する「病は気から」を科学する感想
病は気からとはよく言ったもので、確かに気からくる病はあると思う。自分自身は今自律神経障害といういわゆる不定愁訴的な診断を受けたのだが、まさに気からの問題だ。身体症状が本当に出てしんどいわけなんだが、調べても何も出てこない。この本では様々な病気を、様々な薬とは違う方法で治癒していくことが紹介されている。まだ科学に至ってない部分もあるようだが、東洋医学では昔から重要視されているしアジアでは比較的概念としてはわかりやすい。あらためて普段の生活や働き方を考えたいなと思った。
読了日:04月10日 著者:ジョー・マーチャント

読書メーター

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...