ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【WEB】日本が北欧のようになるのは、もう無理か プレジデントオンライン記事より

日本が北欧のようになるのは、もう無理か | プレジデントオンライン

 

「ツケを回し続けるのだろうか?」という問いで終わるこの記事だが、研究機関のこの著者はどのような提言があるのかが全く分からず肩透かしだ。現状分析にとどまる記事だが、それ以上はたぶんお金がかかるのかもしれない。(それが仕事だもんね。)

 

僕はツケは回し続けると思う。少なくとも僕の子どもの世代が大人になって、僕の世代が死ぬまではツケは回る。僕らの団塊ジュニアが100歳世代に入ってくるのであれば、さらに孫の世代までツケが回る可能性もある。

 

団塊ジュニアが絶滅すると、日本は人口が安定してくるのではないかと思う。そこでようやく北欧的な経済政策なんかが実施できて、幸せな国になれるんじゃなかろうか。

 

海洋資源なんかも今のうちにちゃんと自前で調達できるようにしておけば、エネルギーの問題もなくなるし、かなり豊かな国になれるんじゃなかろうか。

 

現時点で僕ら団塊ジュニア世代は現実的にお先真っ暗だ。子育てと親の介護、住宅ローンは残るが空き家が増え値段は下がる。年金の給付金も下がるだろうし、給付開始時期も遅くなるだろう。そもそも定年の年齢が70歳くらいになるかもしれないね。

 

なので現実をみれば北欧なんかと比べること自体がおかしくて、北欧は魅力的だけど憧れの存在でしかないことは明らかだ。北欧ブームの裏にはこうした憧れがあるんだと思うけど、その裏にはこの日本の現状を無意識に感じ取る団塊ジュニア世代の一抹の寂しさが反映されていると思う。

 

というのも僕ら夫婦は意識的にそうだからだ。(笑)新婚旅行はフィンランドだったし、北欧と聞くと二人とも心ときめく。しかし一種のエンターテイメントでしかないというは理解している。

 

北欧みたいになれる時はたぶん来る。だけどそれはおそらく50年以上後の話だと僕は思うね。まあ素人の根拠のない予測だけど。

 

それはそれで北欧の文化に憧れて楽しむのは一種の現実逃避として悪くはないとも思う。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...