ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】自律神経障害を治すための、薬以外の僕の方法(12)

自律神経障害と診断され1年以上が経った。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

先日の受診で初めて薬が処方されなかった。理由は少しずつ内服を減らしていて、薬が余ってきたからだ。

 

今は完全に一日おきの服薬のリズムになっていて、薬が半分以上残る。たまに2日おきの時もあるが、その時はたいてい仕事がない休みの日を含むことが多いかな。

 

一度3日飲まなかったときは、反動があったので現状は最高で2日おきになっている。

 

なぜ薬が減ってきたのか?理由はいくつかあるが少しややこしい。

 

  1. 薬に頼らないために色々試した。
  2. 試してみたことが義務化されてくると、それが逆にストレスに感じる。
  3. そこでその類のものをすべて精神的に放棄した。
  4. 根本となっているのは仕事を含む生活の中にあるのは確実だった。
  5. よって職場でこのままでは今まで通りには働けないと上層部の人に明言した。
  6. 転職サイトに登録し過去の自分を振り返った。
  7. 家庭でやらなければと思っていたことをいったん適当にしてみた。
  8. 結果として仕事も私生活も手を抜き、さぼれるようになってきた。

 

要は薬を減らすための努力をしてしまっていること自体がアウト!だったというわけ。(笑)これ自律神経障害とかで悩んでる人は陥るポイントかもね。

 

上記の時系列に沿った要因の中で最も効果的だったのは、「仕事をさぼる」ということ。僕は律義にもかなり上層部の人に面談を申し込んで、「このままじゃ無理です。仕事を減らしてください。じゃなければできないものはしません。」と言いに行った。

 

なので遠慮せずにサボり始めた。それができるような心持ちになるのに3年を要した訳だが。

 

責任を放棄したわけではない。ただ放ったらかしにしても良い仕事というのを割り切れるようになったのがでかい。

 

タイプA的性格の人はどんな細かい仕事もきっちりしないと済まない人が多いけど、そこがドツボにはまる罠なのだ。捨てることも大事ということに気付くと楽になる。

 

僕の場合最近になって昔読んでいた本を読み直したことによってそれが加速した。その本がこちら。

  

A New Earth: Create a Better Life

A New Earth: Create a Better Life

 
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

 

 

日本語訳版も持っているが、英語版のオーディオブックを聞くのがメイン。この著者の本にはすごく影響を受けていて、いつもプログの最後に書く、Life is the dancer and I am the dance.はこの本からの引用だ。

 

スピリチュアル系の本で一言では説明できない本なので、またシリーズで紹介できればと思う。まだ「7つの習慣」も終わってないんだけどね。

 

とりあえず薬の量も減り始め、ランも再開し、心身ともに回復傾向にある。がんばりすぎず、義務感を持たず、楽に過ごせるよう、これからもさぼって元に戻るぞ!(笑)

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...