ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】自律神経障害を治すための、薬以外の僕の方法(10)

去年の2月に自律神経障害の診断が下りて、メイラックスという薬を飲み始めた。それ以降、以前の定期的な喉痛と高熱は出なくなった。経緯はこちらからたどれる。 

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

 

自律神経障害と診断されて1年が経過した。このブログで紹介してきた通り、色々なことを試してきた。

 

数ヶ月前から薬を飲む頻度は減ってきている。1日飲んで1日飲まないか基本だが、最近では1日飲んで。2日飲まないという機会も増えている。

 

で、先日献血があるのをきっかけに、3日間飲まないにチャレンジしてみた。結果は、

 

飲まないときとは違う!

 

というものだった。何だ当たり前のことじゃないかと思われるかもしれない。しかしこれは結構衝撃的なことなのだ。

 

この薬は普段あまり劇的な改善感覚がない。また、長く効く薬なので1~2日飲まないだけではあまり体感としては変わらない。1つ明白なのは前は頻回に出ていた高熱が出なくなったという変化だけ。

 

なので3日飲まないとどうなるかについては未知数だった。で、どんな結果になったかというと次のような結果である。

 

  1. 緊張時のようなドキドキ感が一日続く
  2. 焦燥感が出る
  3. 睡眠障害が再燃する
  4. ネガティブな発想になる

 

1番が2番を引き起こし、3番が4番を引き起こしと、連鎖的なものもあると思う。これらの結果から僕に何が起こったかというと、精神的な落胆である。

 

結局、薬は誤魔化しに近いものだったという事実である。この薬が効くということはほぼほぼストレスが原因という証明に近いと思うが、その根本原因は全く改善されていないということになる。

 

これまでの工夫は水の泡だった。そういうことでもある。(笑)

 

まあ、これを書いている時点では笑える話になってるんだけどね。なので安心してください。

 

ただ、これは僕をかなり混乱させ、今の生き方、働き方、考え方を根本的に見直す必要があると考えさせるに十分なカンフル剤になった。

 

46歳にして「見直す」って何だよそれ...と思ったが、いやいや人生百年時代だし、子供はまだ4歳と1歳。体は壊せないだろ!というのが僕の結論である。

 

さてその後の話はまた次回。

 

身体は資本。そんな言葉が僕の頭の中ではグルグルまわっている。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...