ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【WEB】「市民マラソン大会」激増の知られざる舞台裏 東洋経済オンライン記事より

「市民マラソン大会」激増の知られざる舞台裏 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この数年まともに走っていない。先日、休みの日にふと身体を動かしたくなって走りに出たが2キロ走ってへばった。翌日は筋肉痛である。(笑)

 

完全にゼロベースである。

 

それはそうと最近はマラソン大会が増えたのと同時に、参加費の値上がりが目立つ。僕が走り始めたのは第1回の東京マラソンの数年前だったので、まだマラソンブームには火がついていなかった。

 

始めて参加したNAHAマラソンは3000円台だった記憶があるが、今やハーフマラソンでも4000円台したりするのだから、マラソン大会が一つのビジネスになっちゃったのかと少し寂しい気分になる。

 

例えば僕が主戦場にしているOWSは海で泳ぐ大会で、それ自体が非常に危険な行為であり、一人で3キロも海の沖まで出て泳げる機会は大会でしかない。なので十分な安全配慮などを考えると参加料が上がるのは気にならない。逆に安いと心配だ。

 

ラソン大会はまだその人口が少ない時には、さほど人件費やその他もろもろの費用も掛からなかったのかもしれないが、お金のかかるものではなかったのだろう。それが今のマラソンブームでコスト高になっているようだ。

 

ランナーにとって大会に出て記録を出すことは一つの楽しみだし、大勢の仲間と走ることで普段出せない力が出せたり、大会ならではの楽しみもあると思う。だけど昨今の費用の値上がりは、ブランクを作った僕にはとても厳しいなあ。

 

よっぽどお金を払っても行きたくなる大会じゃないと行かなくなると思うし、記事にあるように淘汰されていくんだろうね。

 

それはそうとそろそろ走るの再開してみようかな… 出たい大会はないんだけど。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...