ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【仏教】坐禅は基本坐ることだけど、坐らなくても同じ境地を得られる瞬間があるならそれも坐禅と言っちゃえばいい。 Podcast禅と経営第3回より

castbox.fm

 

3.坐禅を継続するには

 

 回答になってないよ。我慢してとにかくやれだって。(笑)

 

あと坐禅からヨガが派生したんじゃないと思うけど。インド人の達磨が禅を中国に伝えたわけだから、ヨガのほうが先立って話も聞いたような気がする。そこはちょっと気になったかな。

 

話を戻すと、確かにアナウンサーの方が言ってるように、坐禅というとなんか構えてしまう気持ちはよくわかる。特にまじめな人ほど、正しいやり方ってのにこだわりやすい。そうすると敷居が高くなる。

 

だから石塚さんはこの口調で、「何でもいいんだよ。とにかく坐りゃあ。ロングブレスよ。」と軽い感じで言う訳だ。

 

体質を作るって表現はまだ僕には体感としてわからないけど、考えすぎる体質が僕にはあるから、その逆なんだろうなと思う。空っぽにするってなかなか難しいことだよね。

 

朝5時台に起きると季節によっては丁度日の出を見ることがあるんだけど、その時には石塚さんの言う宇宙観をすごく感じる。うわー、この世界に自分は生かされてる~って。

 

でも坐禅でその境地にはまだ至ったことない。ただやっている中でほんの一瞬だけ無になることがあって、その瞬間があった時だけでもOKかなと思ってる。

 

あまり特別なものと思わなくてもいいと思えば、結構続くもの。僕の場合はアプリを利用してるけど、さっき書いたみたいに日の出を見て「うわー」と思っている瞬間だって、いわば坐禅してるのと変わらないんだよね。そのうわーと思っている瞬間は何も考えずに、日の出に見とれているわけだから。

 

空っぽになった自分がいれば、認識基準や行動基準が決まってくるというのはある意味至言だ。日の出を見てうわーと思った瞬間に「生かされている」と言う感覚に陥る。

 

生かされているのであって、生きているわけではない。この感覚があるかないかで、心の在り方が決まってくるわけだよね。

 

そんな感じで坐禅を捉えるといいんだろうなと思った。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...