ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【読書】「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣 石川 和男

 

「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣 (Asuka business & language book)

「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣 (Asuka business & language book)

 

 

最近、残業関係の本が多いのは、僕がそれだけ今の部署で残業を減らしたいという熱意の表れだ。その本質的な理由は、僕自身が生活のための仕事という感覚であり、仕事のための生活というのが嫌いだからだ。

 

海外での生活があったからというのも大きいかもしれない。仕事で成果を出したりするのは楽しいし、お金を稼ぐことも大事なことなんだけど、その前に人生があるんだよってこと。その人生をどう生きるかの中で仕事を捉えていきたいからだ。

 

さてこの本はどのページから開いてもさっと読めるような項目ごとの本になっていて、非常に読みやすい本だった。書いていることもさほど複雑さはない。

 

参考にしてみたいことはたくさんあった。特に最初に書いてあったものを探す時間が150時間はさっそく朝礼で使ってみた。でも大塚商会の調べらしいけど、その根拠となるデータはみつからなかったけどね。(笑)

 

この本での一番の収穫はやはりトヨタの「改善」に興味を持ったことかな。正月に妻の実家で義理の弟と話していた時に、このトヨタの改善の話になった。トヨタからそれを専門にしているコンサルが彼の会社に来ていろいろと改善していったそうだ。

 

義理の弟は、「あそこまでお金かけてすることかなあ。」と言っていた。僕はその内容が分からないが、それこそストップウォッチ片手に業務の時間測定をしていったりするのだろう。

 

どれくらいトヨタが細かく測定しているのか知ってみたい。

 

やはり残業削減のカギは、「効率化」しかなさそうだよね。そしてそのためのツールはそれなりにそろっている時代だ。後は人の意識なんだろうな。

 

ぜひとも残業減らしてさらによりよい職場にしたい。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...