ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【WEB】"つまらない仕事"を変える自律的な働き方 WEB記事より

"つまらない仕事"を変える自律的な働き方 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

ジョブ・クラフティングってなんか新しいワードだなと思って取り上げてみた。

 

でも言ってることは環境から変えていこうってところで、たいして目新しいアイディアでもないかなと感じる。この手の手法は実はすごく時間がかかる手法だと個人的には感じている。

 

ただし、時間をかけて変わった時には確実に「文化」が変容するので、いったん文化が変わるとそれは結構持続するんだと思う。そして僕はまさに今その仕事をしている。

 

実は今の責任者の仕事を任された時には、自分のタスクが目の前の仕事の処理だけだった。他部署の上司との人間関係も新しい立場になるとゼロからの構築になる。そうした不安要素だけが大きい時期を過ごした。

 

3年間で試行錯誤の中で環境を整備しつつ、自分の役割を覚悟を決めて設定し、他部署の人たちとの関係性もできてきた。今は長い視点で物事を見ることができている。余裕ができてきたなあと思う。

 

自分自身のジョブ・クラフティングがようやく終わった段階だ。

 

その過程でスタッフ達にも自分たちの役割を見直してもらう取り組みもしている。役割を持つとはその仕事に意義を見出すことだと思う。その意義はやはり上司がふんわりとオブラートに包みながらも断続的に提示し続け、スタッフ達があたかも自分で気が付いたかのように仕掛けなきゃいけない。

 

結局、この手のことはできる人は最初からできる。試行錯誤して自律神経障害になりつつも、僕はできた。(笑)ところができない人も多い。そのためにはおぜん立てが必要だ。

 

どんなタイプの人が働いていて、どのような仕掛けが必要かは職場によって違うだろう。だから記事にあるような様々なケースが語られるわけである。それに任される人は、本来それなりに優秀な人だからってのもあるよね。

 

大事なのは文化づくりだと思う。そのためにどのような仕掛けをしていくか?まさにオブラートに包んだ環境づくりだ。

 

クラフティングと言う言葉はなんかいいね。ちょっと職人的で。職人はまさに微に入り細に入りコツコツ時間をかけて作り上げる人だもんね。

 

そうだ、ジョブ・クラフターになろう。

 

Life is the dancer and I am the dancer.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...