ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【仏教】坐禅はただ坐ることであって、だから何が得られるとか何かに気づくとかじゃない。 Podcast禅と経営第2回より

castbox.fm

 

2.坐禅のやり方

 

僕はこの数か月マインドフルネスから坐禅に切り替えて取り組んでいる。最初の坐禅との出会いはもう数年前だ。臨済宗のお寺で何度か坐禅会に参加したことがある。

 

その時の経験は貴重だった。自分の身と心が周囲の空気と一体になり、聞こえなかった音が聞こえてきたり、自分の身体の感覚がふとなくなる瞬間があったり、不思議な体験だった。

 

坐禅の不思議さは身体に体感として記憶されていて、時たま公園のベンチに座っている時に同じ感覚になったりすることもあった。僕はそんな自分は悟りとまではいかなくても、それなりに心の平安を保てる能力があると思っていた。

 

ところがこの数年心身のバランスを崩して自律神経障害となった。完全に坐禅で得た境地など忘れてしまったのだ。

 

そのバランスを保つために最初に取り組んだのは、自律神経障害の書籍に書かれているマインドフルネスだった。しかしガイド付きにマインドフルネスは続かなかった。理由は簡単だった。自律神経障害を治すという目的付きだったからだ。

 

このPodcastで石塚氏は言う。「坐禅で体質を作るんだよ。」と。普通に聴いていると質問に答えてないじゃないかと思える回答だが、要は目的など持たずにただ座れるようになれということだ。

 

何かのための坐禅ではなくて、やらないと気持ち悪い。そんな感じになるまでただただ座れということになる。そして僕は最近マインドフルネスから坐禅に切り替えて、ほぼ毎日10分から20分の坐禅をしている。

 

やってみるとまあ妄想や執着が多くてびっくりする。坐っていて無になることはほとんどない。でもそれでいいと思ってとにかく坐るようにしている。体質作りだから。

 

 

効果は求めない。ただ坐る。只管打坐。

 

Life is the dancer and I am the dance,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...