ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方 吉岡友治

 

文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方

文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方

 

 

接続詞の使い方に着目した文章術の本はあまりないなと思い読んでみた。読んでみてこの手の本は苦手だと改めて気が付いた事が成果である。(笑)

 

以前紹介した本多勝一氏の本もなかなか読み切れない感じだった。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

基本的にこのタイプの本には頭が付いていかないのかもしれない。上手な文章を書きたいと思ってはいるが、本を読んでも無理そうだ。

 

この本を読みながらずっと考えていたことは、この本のタイトルのことだ。接続詞の使い方を変えるとロジカルになるのか、それともロジカルな思考だから接続詞の使い方がうまくなるのか。

 

読みながらずっと後者じゃないのかなあって気がしていた。たぶんその辺の気もそぞろな感じが、読み切れない感じを生んでいたのかもしれない。

 

ちなみに海外の大学では、大学入学前に徹底的にWritingという授業でトレーニングされる。アカデミックな文章は形式がちゃんとあって、それに合わせて書くことが決められている。

 

ロジカルな文章はそこでかなり鍛えられた。今職場で課題としてレポートがあったりしても、何の不安もないのはその時のトレーニングのおかげだ。

 

後輩のレポートを添削することもあるのだが、大学を出ているスタッフでもレポートに論理性を欠くものが多いのが現状だ。聴くと大学でも文章の書き方を教わっていないらしい。

 

あれ?でも日本の大学でも卒論って書くんだよね。なぜ教わっていないのか不思議。

 

お前得意なんだったらなんでこの本読むんだよ。という突っ込みに対しては、冒頭にも書いたように接続詞に着目したロジカルな文章の書き方なんて初めて聞いたので知ってみたかったというのが一つ。

 

お前のブログ大して文章うまくねーぞ。という突っ込みに対しては、ごめんなんさい。ロジカルであろうとしないし、アカデミックに考えてもいないし、推敲さえしていないのでこうなる。(笑)

 

文章がうまくなる方法として僕自身が本当に知りたいのは、素敵な文章の書き方だ。ロジカルじゃなくて情緒的な印象として心に残る文章の書き方だ。それがなかなか難しいし、方法論としてないんだよなあ。

 

ちなみにブログは適当。ホント一度書いたら修正はほとんどしない。たまに後で読み返した時に、誤字脱字を見つけるけどほったらかしだ。そういうものと割り切ってる。

 

でも、文章が上手くなりたいんだったら、とにかく読むことと書くことの両方を大量にすることをお勧めする。そういう意味でブログは言いプラットフォームだよね。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...