ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】アドラーに学ぶ部下育成の心理学 小倉広

 

アドラーに学ぶ部下育成の心理学

アドラーに学ぶ部下育成の心理学

 

人間尊重の心理学とでも言おうか。要は相手には相手の人格があるのだから、それを尊重するのが大事だという点である。

 

だからほめない。ほめるという行為は、それまでできていなかったという裏返しの言葉になる。

 

だからしからない。それはその人を否定することにつながり、自ら動く力を奪う。

 

だから教えない。自ら学ぶことを放棄させないために他人に頼ることをさせない。

 

良い意味で放置し、結末を自ら体験させ学びを得させる。そんな考え方がこのアドラー心理学にはあるようだ。

 

すごく納得感のある内容だし、実際自分もほめないし叱らない。が、常々こうした考え方はドライで冷たい人間だからかなと思っていた。

 

しかしこの本では別にそういうことではなく、他人を尊重すればそういう帰結になると述べている。安心した。

 

逆に僕は教えてしまうところがあって、スタッフが自ら成長する芽を奪っていることにも気がついた。

 

「あなたはどうすべきだと思う?」という質問から、「あなたはどうしたいのか?」の質問に変えていくことにしたいと思う。

 

人材育成って微に入り細に入り、ホント気遣いの多い分野で面白くもあるが大変な部分でもある。

 

この本を読み最終的に感じたのは、これは相手の話以上に自分の生き方みたいなものの反映でもあるなと感じた。技術論ではないよなぁ。

 

Life is the dancer and I am the dance.

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...