ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】64(ロクヨン)

 

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)

 

 

久しぶりのサスペンスものだが、読後の感想としては警察の政治的な事情を見せつけられて辟易とした感情が一番残った。とかく政治的な組織なんだな警察は。(小説の印象ではね。)

 

なので僕は警察の政治的な部分に関して、全然ハラハラもドキドキもなかったし、マスコミとのやり取りにもなんか白けた感じでしか入り込めなかった。全体として何が大きなテーゼになっているのか分からないまま読み進めた。

 

この小説で僕が一番面白かったのは、主役が自分の立場や職務の在り方に揺れ動く姿だった。元々おれは刑事部の人間なのか、それとも今は広報を預かる広報官としての役割を果たすべきなのか。

 

一旦覚悟したことが揺れ動き、また揺れ戻り、最後に覚悟が決まる。そこに主人公の弱さと強さのアンバランスさが見て取れて、まさに自分が今直面しているアンバランスさに重なりとても興味深かった。

 

なんでこんな心境が著者には分かるんだろうね。小説家ってすごい。

 

ストーリー全体の終わり方としてはなんかすっきりしない感は残る。何か一つでもいいからもう少しすっきりした終わり方があってもよかったのになと感じた。

 

映画にもなってたんだ。知らなかった。

 


「64-ロクヨン- 前編/後編」 予告

 

また映画も機会があれば観てみたい。

 

Life is the dancer and I am the dance.