ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】グロービス教員が語る「ビジネスパーソンに必要な資質」とは何か グロービス動画より


グロービス教員が語る「ビジネスパーソンに必要な資質」とは何か

 

今住んでいる自宅の近くに関西では比較的有名な大学がある。そこで医療経営のMBAが開校されていて、それに行こうかどうか2年迷った。結果、今のタイミングで行くのは、金銭的にも時間的にも難しいと判断したのだけど、未練はある。

 

そういう自分の経緯から、この動画は刺激的だ。ただ本来自分は医療従事者であり、ビジネスパーソンではない。

 

ただ、偶然にも今の部署を預かる立場になった。そしてマネジメントの分野に意図せず足を踏み入れてしまい、MBAというところに目が行ったわけだ。

 

意図せずというは大げさかな。

 

一般的には、いわゆる高校や大学を卒業し医療系の専門学校で国家試験受験資格を得て、医療従事者になるパターンが多い。ところが、僕はそうしたパターンと異なる変遷を経てきているのが大きい。

 

海外の大学でITや心理学、言語学を学んだ経験、日本の企業でB2BやB2Cの新規事業の立ち上げにがっつり関わった経験がある。アカデミックな感覚とビジネスの感覚が中途半端にある。

 

それが意図していないとは言え、マネジメントという一つの分野に素早く目が行くきっかけになったんだと思う。

 

マネジメントを行う上での理論性や、それをバックアップするアカデミズムがあるということを知っていた。そして、企業での経験。これが非常に大きい。

 

自分が働く今の現場では、そうした感覚を持つ人は皆無に近い。なので共通認識で物事が運べられないじれったさがある。が故に、改めてMBAを学ぶことが今の仕事にどう直結するのか分からないというのもあり諦めた。

 

この動画を聴いて、僕の選択は正しかったなと思う。やはり今の職場にいる限り、MBAで学ぶことの意味合いはあまり感じられない。今までの僕自身の経験で十分対応できる範囲で、MBAを学ぶことでさらにいら立ちを覚えそうだ。

 

動画の中でも触れられていたが、この世には二種類の人種がいる。過去ばかりを見て批判し行動を起こさない人々、未来を見て自分にできる行動を起こせる人。

 

今のところ僕は今の職場をやめる気はない。理由は簡単。僕以外に今僕がしている仕事ができる人がいないからだ。うぬぼれかもしれない。でも、精いっぱい客観的に見てもそう思う。

 

だから今僕がこの職場でできることは何か?今の職場に明るい未来を与えられるために、今ここで職場のためにできることをすることだけだ。

 

その際にMBAは必要か?僕は否と答えを出した。

 

大きな企業で大きな仕事がしたいなら別だよ。このパネリストたちみたいにね。

 

僕はそういう感覚はなくて、今の職場をどうにかしたいと考えている。そこにMBAは不要だね。このブログで紹介する本や動画から得られる知見と、そこから派生する自分の気づきでなんとかなりそうだ。

 

この動画に限らず様々な動画や読書を通して確信したことの一つは一つ。それは...

 

自分が生きる根源的な目的は何なのか?という問い。そして、それは自分のためではなくて、結局は他者のためであり、他者のためということがイコール自分のためであるという、一見矛盾した、しかし、明確な答えである。

 

他者のためと言いながら実は自分のために働いている人は多い。そこから、結果として自分のためだったと後から気づける働き方ができている人は少数だ。

 

それは嫌な仕事でもちゃんとするかどうか?自分のやり方だけに拘ってばかりいるか?その辺は他者のために働くという「覚悟の有無」を露見させる。

 

Life is the daner and I am the dance.