ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】幸せなひとりぼっち

 

幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)

幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)

 

 

面白かった。偏屈じいさんのハチャメチャストーリーである。ハチャメチャではあるが、ほろっとさせたりくすっとさせたり、飽きない展開。

 

何がこの小説を面白くしているかというと、おそらくこの主人公の人としての背景がしっかりと描かれているからだろうと思う。偏屈になった性格、でありながら妻への並々ならぬ愛情。

 

こんな偏屈じいさんが近所に居たら絶対嫌だろうけど、それでもその人の人生を振り返りつつ、どのような背景がそこにあるかを知れば、人への見方は変わるかもしれない。

 

普段、ビジネス書をよく読むからか、こうした人間の機微みたいなものを忘れがちだが、この小説は人の奥深さというか、いろんな人がいていいんだよみたいな多様性というか、人って本来こうした喜怒哀楽があるんだよってことを改めて感じた。

 

ビジネスライクだけじゃ生きられないけど、なんか僕自身喜怒哀楽を忘れているような気がするので、もっと小説読まなきゃと反省した。

 

おすすめである。

 

Life Is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...