ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】出世する人は人事評価を気にしない

 

 

僕はサラリーマンから医療技術者に転身した身だ。サラリーマン時代は、良く先輩方が「同期のあいつが」とか、「あいつが新人だった時に教えてたやつが上司」とか、そんな話を良く聴いていて、ふーんと思っていた。

 

サラリーマンにとっては出世って大事なんだろうかね。僕はもともとそんなことに興味なくて、一人気楽に働ければよいと思っているタイプ。ではなぜ、こんな本を読んだのか?

 

単なる技術者が、その技術者集団をまとめる立場に立ったからだ。そういう立場に付かせるときに、組織は昇進させるわけで、僕もなんか中途半端な役職名が付いている。(一般的には考えられないような不思議な役職なんですよ。ホントに。)

 

で、やはりそういう立場に立ったがゆえに見えてくる組織のダメな部分ってあって、僕はそこを健全化したいと本気で思っている。そうしようとすると、どうしても出世が必要になる。というわけでこの本に手が伸びたわけだ。

 

読んだ感想としては、たいして役立つ本ではなかった。いや、内容がだめとかじゃない。僕が働く組織が当てはまるレベルにない話が書かれているという話で、いわゆる個人営業レベルであまり当てはまらない大きな話が中心だった。

 

おそらく僕が前にサラリーマンしていた会社に居たら、相当に役立つ本だっただろうなと思うけどね。

 

ただ一つやっぱり重要だなと思ったのは、「視点の高さ」に関する記述だ。これはどんな仕事においてもすごく大事なポイントだと思う。スカイツリーの上から下を眺める場面を想像してみたらわかりやすい。(関西ではハルカスかな)

 

空間的視野が広がるでしょ?あーなるほど、この町とあの町はこの位置関係にあって、その間にはこんな道路が走っているのか。って頭では知っていたことも、視覚的に一発で理解できる。

 

プラス時間的視野も広がるでしょ?あーあの環状線を車があーいう風に走ってるのか。とか、あの電鉄はそういう線路の敷き方で走ってるのね?とか。

 

その二つを組み合わせると、見えないことが見えてくる。それが視点の高さだと思う。

 

僕はこの視点の高さが経営陣には必要だし、現場の仕事で結果を出すだけの管理職から出世する際の能力の一つだと思う。ま、それと人事評価を気にしないってのは、僕にはちょっとつながらないんだけどね。

 

特に僕の所属する組織で人事権を握ってる人には、視点の高さが感じられないので、あまり僕がその辺気にしようが気にしまいが、元々「そんなの関係ねー」ってところがあるので。

 

自分のために高い視点は持ち続けたいし、同時に目の前の仕事で結果をだしていく。ただそれだけをしていけば、もしかしたら出世するかもしれないな。程度で僕は十分かな。

 

大きな組織におられて出世をしたいと思っている人には、一度読んでみる価値のある本かもしれない。

 

Life is the dancer and I am the dance.