ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】自律神経障害を治すための、薬以外の僕の方法(4)

前回は、朝のルーチン化の話をした。そのために二つのアプリを使っているという話もした。実際に始めてから1か月ほどたつが、継続できている。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

睡眠アプリで、夜は22時には寝て、朝は5時に起きる。データがどこまで意味があるのか分からないけど、深い睡眠がとれているというデータを見て安心できている。

 

3分間フィットネスというアプリも毎朝続けている。一番簡単なレベルでやっているので、つらさはあまりないが、それでも体の硬さを感じたり、筋力の低下を感じる毎日だ。

 

そうした朝晩のルーチン化で、服薬から離脱できたかというと、まだできていない。ただ、飲み忘れる日が時々出てきた。特にあることを初めてからだ。

 

それは、スイムの再開である。

 

勤務が半日もしくは休みの日は、天候さえよければプールで泳ぎ始めた。もともとOWSの5キロとかに出ていた人間が、今は500mではーはー言っている状態。

 

だけど、やっぱり泳ぐの好きなんだなと感じる。泳いで帰ってきた際の僕の表情や声が全然違うと妻が言うくらいだから、効果抜群なんだろうね。で、疲れているので、その日は薬を飲むのを忘れてしまうことが多い。

 

そんなこともあって、先日試しに自らの意志で薬を二日間飲まずに過ごしてみた。結論から言うと、職場で困った。仕事が多すぎて、どこから手を付けるか?ということで頭の中が全く整理できない状態になったのだ。

 

身体に症状は全くでないのだが、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ、でも、これ忘れてる。」そんな頭の中の混乱が続き、何一つ手に付かない。そんな状況を体験した。体調は抜群に良かったんだけどね。ここから分かったこと二つ。

 

  1. 薬の作用は睡眠導入だけではない(僕はそう思っていたが違った)
  2. 結局、ストレッサーは仕事の量だということで、解決されていない

 

やはり仕事の量をどうにかしないといけないのと、そのさばき方にも工夫が要りそうだ。後は僕のマインドセットの問題もまだありそうだな。生活リズムという面では、今は安定しているが、大元の仕事というストレッサーに対する対処が不十分。

 

さて、どうしていこう。

 

Life is the dancer and I am the dance.