ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】手足口病になってしまいました 僕が。

長女が幼稚園で手足口病をもらってきて、嫁がかかり、次女がかかり、最後に僕が。

kenko-pita.com

発症から今までの経過

「よし今日は仕事をそこそこで終わらせて、走って帰ろう。」と思って出勤。それぐらい調子良く出勤したのに、午後3時ぐらいから、急激に体のだるさと悪寒が。

 

熱の経験は豊富なので、高熱になると確信。しかし、喉痛も咳もない。「やばい、これは手足口病だ。」そう考えて、3時以降はもう次の日以降の休みを考えた準備を仕事にした。

 

定時とともに即帰宅。その時点で体温は計らず。というのも震えが止まらないほどだったから、熱が上がっている最中。計っても意味がない。布団に潜り込むと熱がどんどん上がるのが分かる。

 

熱が最高値に上がったのが夜中かな?39.8℃。体動かず、食欲もなく、水分しか取れず。それも起き上がれず、枕の横で寝たまま。

 

翌朝まで39℃台は継続。トイレに行く数メートルでもよろめく。その日の午後にはようやく熱が下がり始めたが、普通なら楽になる体はずーっとだるい。全身が筋肉痛のように痛い。

 

発熱から3日目になてっても37℃台の前半と後半を変動。体の痛だるさは継続。そして、今後は喉に複数の口内炎ができ始めた。これを書いているのは5日目だが、熱は完全に戻ったが、下半身のしびれたようなだるさ、口内炎、左足の発疹が残っている。

 

しんどさ

これまでの風邪で経験してきた発熱とも、定期的に出してきた喉痛と高熱の経験と比較しても、かなりつらいしんどい病気だ。しんどさのポイントは、

  • すごい高熱が出る
  • 身体の痛みとしびれが熱が下がっても続く
  • 口内炎がすごい

個人差はかなりありそうだが、どのような差であれ一つの症状で収まらないやばい感染症であるのは確かだ。

 

治療法

ない。(笑)

普段の定期的な熱の場合は、ある程度の熱が出たら耳鼻科で薬をもらうとさっと下げられたが、今回は最初から何も治療法がないのをしている病気だったので、敢えて熱の出るままにして自分の力で治すしかなかった。

 

うがいはかなりしている。一日に5~6回、うがい薬を使って。口内炎は普通の口内炎と違って、どうやってもできるので仕方がないんだけどね。

 

熱が下がってからの体のだるさ。これは本当につらく、何もする気が起きない。口内炎んの影響もあるんだろう。僕はここで初めてロキソニンという痛み止めの薬を飲んだ。

 

まとめ

子育てにそれなりに関わっているなら感染する可能性は常にある。僕はある程度の対策は意識していたが、やはり若干なめていた。子供が何らかの感染症にかかったら、働き手である親は、

  1. 手洗いはこれでもかというくらいこまめに行う
  2. 家の中でもマスクをする
  3. 寝室を別にする

などの対策を徹底すべきだと思った。じゃないと、今回予定外の有休を3日も病気に使ってしまったり、そのおかげで実施すべき会議をいくつかフっ飛ばしてしばした僕のようになる。

 

ぜひ、夏でも他にもいろいろな感染症があるのでご注意を!

 

Life is the dancer and I am the dance.