ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】この世から苦手な人がいなくなる

 

この世から苦手な人がいなくなる

この世から苦手な人がいなくなる

 

 

以前に読んだ本に出ていた「ソーシャルスタイル理論」をもう少し詳しく知りたいなと思って手に取った本。そうした理論がどんな根拠で作られたかまでは載っていなくて、その理論を使ったハウツー本である。

 

残念なら書籍として、この理論を提唱したディビットメリル氏の書籍は日本のamazonでは見つけられず。論文まで調べる気も起らずだけど、1968年に提唱されているから、もう50年も前の理論!

 

人を4つのタイプに別けて、それぞれの特徴に合わせると苦手な人がいなくなるよ。要はあなたがコミュニケーションスタイルを変えれば良いという理論である。

 

ちなみに巻末にあるセルフチェックをしてみたら、僕は「理論重視型」。苦手なタイプは「注目重視型」とのこと。まあ、そういうこともあるけど、そうじゃないこともあるし、フーンという感じ。

 

占いとの違いが実はよくわからなかったりして。(笑)

 

混沌を4つの分類にするって魅力的。どんな人も、大まかな4つに分類すればどれかにあてはまるでしょ。それがあなたのスタイルって言われても、いや勝手にはめこまんといてと思う。

 

ちなみに自慢だが、僕は人に好かれるタイプではないが、ほとんど嫌われないタイプである。これって理論重視型のタイプで説明できる?できないよ。

 

僕が好かれない理由は一つ。迎合をしないから。おべんちゃらも言えないし、単純にほめるってのもなかなか難しいから。

 

僕が嫌われない理由は一つ。相手の在り方を認めるから。自分は自分でぶれないけど、それと同じように相手には相手の何かがあると結構簡単に認めるから。「なるほど、そういう考え方もありますね。」と言えるから。

 

人間関係が苦手な人は、こうした本から人を見る目を養うのもありかもしれないね。他人の文句や悪口、他部署の文句が話題の中心になる人は、相手の立場を考えれない人が多いけど、こうした客観的な分類で考えるフレームワークがあれば、多少は冷静に考えられるかも。

 

Life is the dancer and I am the dance.