ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】子どもの話にどんな返事をしてますか?

 

子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる

子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる

 

 

上の娘も4歳になり、どんな風に「しつけ」をしたら良いのか?迷い続けてる。結局、その場の思いつきでの言葉がけになってしまい、この本では奨励されていない方法で子供を操ろうとしてしまったり。

 

この本に書いてあることを実践するのに、具体的な言葉を覚えることに何の意味もないなと感じた。というのは、会話はその場で自然発生する。特に自分の子どもは仕事上での相手でもない。だから、会話をしながら自分の言葉遣いを具体的にフィードバックしながら修正するのは難しい。

 

おさえるべき要点は、子供の存在をそのまま認めるという心持ちなのかなと思う。一人の未熟ではあるけれど、人格として認める。子供の立場になって考える。

 

そうした一貫した「考え方」や「方針」という一つのメンタリティに落とし込まないとこの本の実践は難しく感じた。

 

親はどうしても「親」として、子供に対して「子」として態度を決めてしまう。その態度から発生する言葉は、どうしても高圧的で制御的になってしまう。

 

「親」と「子」の関係は、コミュニケーション上では対等がいいんだろうね。しかし、親は子を守るべき存在であるという点で「親」「子」の関係は重要なんだろう。

 

子育て論は、実は比較的苦手な分野で、本を読んでいてもなかなか頭に入ってこないんだけど、本質的な部分を考えていく上で、またいいきっかけを与えてくれたと思う。

 

Life is the dancer and I am the dance.