ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】上の娘の理不尽な振る舞いについての夫婦の会話

昨日、紹介した本の紹介後日談。

 bonyarythm.hateblo.jp

 普段、僕はあまり読んでいる本を妻の見えるところに置いていない。しかし、この本は僕だけが読んでも意味がないと思い、出勤時にリビングの片隅に置いたままにしてみた。すると妻が目ざとくそれを見つけて、妻もつまみ読みしたようだ。

 

思惑通りだ。いや、妻がこちらの暗黙のメッセージを受け取ったのかもしれないけど。

 

その夜、子供たちが寝静まった後、妻から上の娘の扱い方に困っているという相談があった。展開はやっ!(笑)

 

妻はこの本にあるような声かけの仕方をその日のうちに試したらしい。そうしたところ、娘がご機嫌な状態になったらしい。ちなみに、上の娘は今4歳なのだが、普段は親からしたら、ホント訳の分からないタイミングや場面で泣き叫んだり、何を言っても「イヤッ!」としか言わず30分もその場に立ちっぱなしだったり、ちょっと大変なのだ。

 

僕は休みの日にしかそういう場面を観ないけど、妻はそれがほぼ毎日なので、かなりのストレスらしい。

 

「この本読んでみたけど、やっぱり私の接し方が悪かったのかな?」

 

妻は自分を責めているようだ。だから僕は伝えた。「母親として良いも悪いもないでしょ。母親であること自体がすでに完全な状態なんだから。それだけで十分だよ。」「でも、娘があんな、こちらには理解不能な態度を取って、母親に甘えるのは、何かを求めているサインだとは思う。」

 

「じゃあ、やっぱり私に何かが足りないってことじゃない?」

 

妻はやはり自分の母親としての責任や在り方に問題があると感じているようだ。

 

僕は自分の考えを述べた。

 

「娘が何かを母親に求める時って、別に母親に何かが足りないからとは限らないよ。」「娘はたぶん外づらと内づらを変えてるんだと思う。そう思わない?家に居る時と外では全然違うじゃん?」

 

「うん、そう。それはそう思う。」

 

「3月末生まれの早生まれだし、幼稚園では頑張って皆に付いていこうとして、頑張っている外づらがあるんじゃないかな。」

 

妻は思い出すように答える。

 

「そうかあ。だから幼稚園に行く時と、帰ってきてから時間帯が一番大変なのかも。」

 

僕は違う例を出して考えを更に説明する。

 

「たぶん僕の親のところに行った時も同じ感じだよね。外づらで頑張るでしょ?家に居る時と全然違うじゃん。」「たぶんね、その切り替えが自分の中でどうしたら良いのかわからないんじゃないかな。」「いつもの自分を出して遊びたいけど、まだ外づらタイムが微妙に続いていて、いつもの自分が出せない。どう自分を出してよいか分からない葛藤みたいな部分が、僕らには分かりにくい甘えや泣き叫びになってるのかもね。」

 

妻は思い出しながら頷く。

 

「あー、そういう風に考えたことなかったけど、確かにそうだね。」

 

僕自身、この本をきっかけに娘の人格や性格や物の考え方を考えるきっかけになった。妻が同じように本を手に取ってくれたおかげで、こういう話ができた。妻は自分を責める必要はないんだと気付いてくれたかな。

 

4歳でもすでに何かを感じて、自分の中でどうにかしようとしている。自分の性格もよくわからないし、葛藤の解決策も分からない4歳児。だから、一人の人間であることを認識すると同時に、まだ未熟な部分は掬い取ってサポートしてあげる。

 

子育ては一筋縄ではいかないけど。子を親が一方的に育てるわけじゃなく、育っていく子をそっとサポートする子育てでありたいなと今回強く思った。

 

でも、毎日こんな娘と接する妻もストレスフルなのは間違いない。でも、自分の子どもだから本当の意味でのストレスにはならずに済んでるのかもね。

 

Life is the dancer and I am the dance.