ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】7つの習慣'(7) inside outについて ~これは本当にprincipleなのか?~

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (773件) を見る
 

前回はprincipleの話をした。今回は、基本的なprincipleの一つだとして、この本で紹介されている"inside out"について書いてみる。

 

"inside out"とは「内側から外へ」という意味だ。この「内側」とは本の文脈からいくと「自分」のこと。要は自分から外へ向かう、という概念いわばパラダイムだ。

 

この"inside out"の反対は、"outside in"で、outsideとは「外側」になるから、自分以外のあらゆる事象や事物のことを意味する。要は自分以外のあらゆる事象や事物から自分へ向かう、という概念いわばパラダイムを言っている。

 

さて、前回のprincipleの回でも書いているように、著者はprincipleを自然の法則と明言している。なので、自然の法則に則り、あらためて僕自身が考える「自分」または「自己」の定義を思い出したい。

 

それは、

 

この世に本当の自分など居らず、あらゆる事象や事物によって立ち上がらされた存在。

 

前回僕が本から解釈した定義である。

 

なので、必然的に存在としての自分は、"outside in"的になる。外界の影響なしに自分は存在しえない。よって、この本が主張する"inside out"がとても効果的な人になるためのprincipleであるという話は、なんだか変な感じだ。

 

本の中では"outside in"のパラダイムを持った人の悪い例が書かれているが、僕はなんかここの部分を聴いていて、胸くそ悪かった。(ちょい言い過ぎか)二元論で自然の法則を語るなんてあり得ないでしょ。

 

ただし、"inside out"がprincipleであると解釈しなければ、話はすんなり理解できる。要は"inside out"とは「考え方」と解釈すればよい。考え方はprincipleではない。なぜなら、principle=自然の法則だから、その中に含まれる人間の内に発生するのが「考え方」だからだ。

 

このパラダイムからprincipleにかけての序章部分をちゃんと批判的に読まないと、この本は、ホントにただの自己啓発書の類いと変わらなくなる。

 

実際、この著者の唱えるパラダイムとprincipleは曖昧だ。原著版のオーディオブックを聴いていてもそう感じるのだから、日本語訳なんてどうなっちゃてるんだろうか不安だ。二元論的な部分があると思えば、自然の法則や自然は相互依存の典型例だなどと言ってみたり、かなりの違和感を感じずにはいられない。

 

よっぽど考え方によっては、"outside in"のほうがprincipleだと思うのだが、あなたはどう感じるだろうか?

 

自己の在り方が定義できない人に、本当に効果的な"inside out"が実践できるのか?僕にはすごく難しい気がする。

 

もしかすると、西洋と東洋における自分や自然の見方の違いから、このような曖昧さが生まれているのかもしれないが、僕は日本人である。日本人としてのこの本をどう解釈するか考えなければならない。

 

次回は"inside out"の「考え方」について語りたいと思う。

 

僕はこのオーディオブックを聴いて解釈している。

 

Life is the dancer and I am the dance.