ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】6分間文章術--想いを伝える教科書

 

6分間文章術――想いを伝える教科書

6分間文章術――想いを伝える教科書

 

 

この手の「〜術」はやってみなけりゃ、その良さも悪さも何にも言えない。さらっと読める本だし、そんなに実例要らんやろとか、何回同じこと言うの?というツッコミどころはあったけど、読む選択したのは自分だし、それなりの理由もあったので、実際に本の通りにやってみた。

 

なるほど簡単だ。まずは手帳の自由欄にマスを書いて、本にある手順に従い、想像を働かせながら、書き込んでいく。

 

これは書くテーマによって、かなり難易度が変わるかもなあと思いながら記入。

 

書いていく過程はなかなかおもしろい。まあ、初めてのことだし、目新しさもあるからか。

 

ただ、文章を書く前にこういう作業をするのは、正直面倒臭い。やりながら、たぶん過程は違うけど、僕は書く前や書いている間に同じことしてる気がした。(の割に上手な文章は書けませんがね。)

 

こういう「〜術」の本って、基本怪しい。そう思って読む。だってそんな簡単に難しいことできるわけないじゃん!って考えるのが普通だから。

 

タイトルの「6分」てのも、なんかうまく誘導されてるような気がする数字。(笑)僕は実際には表が完成するまでに8分かかったので、まあ、許容範囲内。

 

慣れれば速くなるのか、テーマにもよるのか、どちらにしても6分間といいきるのはマーケティング戦略だね。(知ったかぶり)


----------------- 


ということで、上記の文章は実際にこの本の手法から書いてみた文章。さて、どうだろう?読んでみた結果の感想は、あなたにお任せることにする。

 

個人的には普段と特に変わった印象はない。文章を書くのが苦手な人には有効なのかな。僕は下手くそでもそこそこ書くのは好きだから。

 

仮に効果ありとしても、僕はやっぱり6分間でも面倒臭い。作文苦手な職場のスタッフに導入してみるのはありかも。

 

ちなみに僕が作業した証拠写真。マスの数間違えてるけど。(笑)


f:id:bonyarynosky:20170419205717j:plain

 

Life is the dancer and I am the dance.