読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】アクション リーディング

 

アクション リーディング

アクション リーディング

 

 

パラパラめくって読み終わった本。うーん。読書法に悩んでいる人は、この本に書いてあることをアクションしてみると良い。

 

僕はできない。というか、しない選択をする。

 

というか読書にこれだけの「努力」をするエネルギーが僕にはない。あ、でも考えてみれば、ブログを書くとというアクションしているし、この本の本質的な主張には沿っているのか。

 

最近は、読書のことに関わる記事をブログに書きなぐっているが、書いている内容が本の内容と関係がないこともある。それでもいい。とにかく、本を読んで何かが刺激されればそれで善し。というのが僕のスタンスで、メモを取るとか考えられない。

 

もう一度読みたくなる本は必ず出てくる。それが自分にとっての良書だし、何度も読めばいい。メモする必要もない。読みたい本は読んでいるだけで、必要な部分は記憶に残る。記憶から消えた時は、もう必要のない時だ。また必要なら読めば良い。

 

さまざまな読書法本を読んでいるのはお前じゃないか!と言われるのは百も承知だ。僕の場合は、読書後に内容がほとんど頭に残らない。というのが問題だったが、何冊もこの系統との本を読んで悟ったのは、別に残らなきゃ残らないでいいじゃん。と言うことだった。(笑)

 

だから、僕は本は買わない。頭に残る努力までして本を読まないけど、良書には出会いたいから本は読みたいから、図書館を利用する。

 

メモとかマーカーとか、逆に読書に集中できない。

 

何冊も異なるジャンルの本を読んでいて、予想もしないところでアイディアがつながるのが楽しい。

 

ということで、もしかして読書法系の本の紹介でまたアクセス数が増えるかもしれなけいど、結論は「好きなように読め」ということですわ。ごめんなさい。

 

Life is the dancer and I am the dance.