読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【映画】めがね

去年の5月に一度紹介した映画だが、内容を書き換えて紹介。パラダイムの話をしていたが、僕のパラダイムを変えた映画だから。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 


めがね 予告編

 

映画「めがね」

 

2007年夏のある日、本気で死にたいと思うことがあった。

 

それまでの自分の人生を根本から否定し、完全に自信をなくし、生きていてもしょうがない事件が発生。その日、どうしてよいかわからずに三宮の街を呆然と歩き続けた。ふと映画館が目に入り、ふらりと入った。

 

エンディングの曲が流れた瞬間、映画館の暗闇の中で静かに泣いた。「救われた。」と感じた。この映画は命の恩人。僕の未熟さからくる絶望感をやんわりと癒し、その未熟さに何が潜んでいたのか静かに提示してくれた映画だった。

 

この映画では人の感情が極端に抑えられている。淡々した映画で何の抑揚もない映画だが、そこがこの映画が提示する人生の意味である。

 

あ、そっか。僕はそんな何者かになる必要はないんだ。

 

そのパラダイムの変化は大きかった。この映画を観てからもう10年。直後に大きく変わったわけではないが、10年かけこの映画の味が徐々に染みてきて、今頃僕はいい味になったんじゃないかと思う。

 

めがね(3枚組) [DVD]

めがね(3枚組) [DVD]

 

Life is the dancer and I am dance.

広告を非表示にする