ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【映画】ベルリン天使の詩

先日言及したベルリン天使の詩の紹介。僕が高校生の時に学校をさぼって観に行って衝撃を受けた映画だ。パラダイムの変化を起こした映画の一つなので紹介。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

 


日本版予告篇 / ベルリン天使の詩 (ヴィム・ベンダース)

 

高校生の僕にとって、そのストーリーは難解で意味が分からない部分も多かった。しかし、おおざっぱなりに天使が人間に恋をし、天使をやめて人間になるという部分は分かった。

 

そして、人間になった瞬間、天使にはモノクロにしか見えず、人の心の声しか聞こえなかった世界が、いきなりカラーになり現実の音がするのだ。あの瞬間は衝撃だった。そして、なんて生きてるって素晴らしいことなんだろうと思った瞬間だった。

 

今からもう30年ほども前の映画であり、僕も成長した。そして、考えるにあの衝撃はいまだに自分の中に残り続けている。あの衝撃がなければ、木々の芽吹きや、朝の太陽の美しさや、木々に止まるメジロの鳴き声や、長女の泣き叫ぶ声に、喜びや価値を見出すことはなかったのではないかと思う。

 

もっとこの映画の深堀をしたい方は、ぜひYoutubeで町山さんの解説を観ていただければと思う。(僕はあえてそこまでして深堀せず、受けた衝撃をそのまま大切にしたいと思うけれど)

 

 

Life is the dancer and I am the dance.