ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】発達障害らしき職員をどうするか?

発達障害という言葉が世の中に出てきて何年くらいだろう?少なくとも僕が子供の頃には、言葉はとしてあまり聞くことはなかったと思う。僕自身、医療従事者になるための学校に通って初めて知った。もともと、自閉症うつ病がさほど変わらない認識でいた程度。

 

しかし、今は発達障害という言葉を知らない人は減っているだろう。少なくとも僕の住む市町村にはそうした発達障害障害を持っている子供のための療育センターができていて、対応してもらうのに時間がすごくかかるらしい。

 

子供の時にそうした専門機関で療育を受けることが大事だが、問題があることさえわからないまま大人になった人は、就職してから苦しんでいる。

 

僕の職場にもそういうスタッフがいる。

 

あなたの職場では、そうした職員に発達障害を理解した上で接することができているだろうか?いやそもそも、その職員が発達障害だと気づくことができているのだろうか?

 

甚だ疑問である。

 

なぜなら、僕の職場ではできていなかったからだ。

 

ちなみにうちの職場では、最近そうした発達障害の職員に対する接し方の検討し始めた。そう言うと、なんだか格好良く聞こえるが、実はそんなに格好の良い話ではない。

 

本音は「辞めてくれたら楽かもな。」であった。

 

であった。ということろを理解していいただき、誤解しないで欲しい。

 

現在、僕の職場では、発達障害をベースに持っている職員に対し、どうするべきかを勉強会で学ぶなどして、対処しようと努力している。決して、辞めさせるための努力はしていない。

 

しかし、そうした職員への時間的・精神的コストがかかるのは事実だ。本当に大変だ。だから、なんとかしたい。なので、役職者の一人が勉強会で勉強してきてくれた。その一部を紹介する。

 

こうしたタイプのスタッフは以下の問題を抱えているらしい。

 

  • 曖昧な言語に対する推測力の欠如
  • 時間の管理力の欠如
  • 自分にとって興味のある刺激への優先順位の異常な高さ

 

これらを解決するためにどのような関わりが必要か?

 

  • 具体的な指示を出す
  • 優先順位の具体的な提示
  • 今何が大事かの具体的な指摘

 

一言でいうと「具体性」だ。

 

それも、「あ、こんな感じの具体性かな」と思っている以上の具体性である。

 

気づかれた方もいるかもしれないが、この話を聞いて僕が最初に思ったのは、そこまで微に入り細に入り具体的な指示を出さなきゃいけないのなら、そのスタッフは仕事をしているうちに入るのか?という疑問である。

 

一を言って十分かるスタッフの反対で、文字通り「一々」言わなければ一ができないスタッフなわけだから。

 

差別的ではなく、事実としてコストリーな人材であるのは確かだ。正直な問題、現実的な問題、採用時に選別できるなら採用はしない。しかし、採用後にこのことがわかった場合のマネジメントは非常に難しい。

 

僕としてはまだ解決策はないけれど、とにかくまめな面談を通して、具体性を追求して行くしかないのかなと思ってる。コストリーだが。

 

難しい問題ではあるが、今後、どの職場でも避けては通れない問題になってくるだろう。

 

勉強しなければ。

 

発達障害に気づかない大人たち<職場編>(祥伝社新書237)

発達障害に気づかない大人たち<職場編>(祥伝社新書237)

 

 

Life is the dancer and I am the dance.