読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】これで生きるのが楽になる

 

これで生きるのが楽になる (扶桑社BOOKS)

これで生きるのが楽になる (扶桑社BOOKS)

 

 

ラジオ版学問のススメで興味を持った鎌田医師の本であったが、正直期待外れ。勝手に期待して、それが外れただけなんだが。
 
タイトルと中身がそぐわないと思ったが、結局そんな肩肘張って読む本ではないんですよ、ということをほのめかす意味でのタイトルなのであれば納得。さらっと読めて、何と無く通り抜けて行く感じの本。

この本でなんか変な感じだったのは、生きるのが楽になるとか、がんばらないとか、そういった物言いをする中で、それとは正反対に鎌田医師自身が頑張ってるし、ゲストの方も皆頑張ってる方ということ。

頑張るってことの意味がなんかぼんやりしていて、この方の言う楽に生きるとか頑張らない生き方ってのがもう一つピンとこない。それは著作を読んでいても、ラジオで話を聞いていても同じ感覚だ。

僕はやっぱり頑張るんだよな。頑張らないはずはないし、楽な人生なんてないと思うんだよな。そう考えることが逆説的に頑張らないことの意味や苦しみの意味を輪郭づける面があると思う。

頑張ることによって頑張らない感覚に到達する。苦しみを耐え抜く中にに、ふとした楽な感覚が垣間見える。いや鎌田医師も、別の書籍ではそんなこと言ってるのかもしれないので、別に批判とかではないが、僕はそう考えている。

「これで生きるのが楽になる」なんてタイトルで本が出てたら、苦しんでる人は、手を出すよね。でも、苦しんでいる人で、この本を読んで楽になる人はいないんじゃないかなぁ。

Life is the dancer and I am the dance.