ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】フィジカルエリートが実践する仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術

仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術 フィジカルエリートが実践する

仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術 フィジカルエリートが実践する

 

 

タイトル長い!まずタイトルのフィジカルエリートってどんな人?仕事力ってどんな力?ってところが気になる。
 
この方の本はラン関係で今までに参考にしてきた。しかし、残念ながらこの本は読後、二番煎じの印象が拭えなかった。
 
著名になられた運命なのか?書きたくて書いた本なのかさえ疑問に感じた。確かに疲労やストレスに関するニーズは高まる世の中だから、マーケット的には正しい本なんだろう。「おわりに」を読めば、著者自身のこの本に対する自信のなさも伺える。
 
最後に参考引用文献が掲載されているのがせめてもの救いか。しかし、どの部分が引用かも書いてないし、我田引水と思われてもいた仕方ないかも。
 
特に気になるのはアスリートの疲労やストレスと、仕事での疲労やストレスを同じ土台で論じていることだ。特に僕のように原因も分からずにストレスや疲労と向き合っている者にとって、あまりに焦点が絞りにくい本である。
 
疲労やストレスについて初めて知ろうとする人には、あまりにも範囲が広すぎてどこから手をつけるべきか悩むに違いない。
 
ちょっと辛口すぎたかもしれないが、残念な感じがしたのは事実なのでそのまま書いた。
 
で、最初の疑問だが、フィジカルエリートや仕事力の定義は残念ながら本文では見つけられなかった。読み落としたのなら申し訳ないが。
 
しかし、ストレスや疲労は厄介なものだ。この手の本が増えてきたのは、世の中何かがおかしいのだろうか。まあ、僕もそんな本を手に取って悩む一人ではあるのだが。
 
Life is the dancer and I am the dance.