ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

ツイッターやブログの有益性。僕にとっての。

昨日、あるツイートを読んで考えてしまいました。


ツイートするための言葉を常に探している時間、ブログに何を書くかを考える時間、そして今もそうですがそれを書く時間。加えて他の方のブログを読む時間。

これらの時間のためにどんな時間を犠牲にしているのだろう?と。


いや、犠牲というほどのものじゃないのかもしれませんが、限りある時間の中で、こうした事に使う時間は、昔は別のことに使っていたはずです。ですから、トレードオフとして何かの時間を削っていることになります。

削られた何かの時間が、ブログやツイッターによって有益なものに変わっているならなんら問題はありません。しかし、ブログやツイッターより有益な時間が削られている可能性や、たいして両方とも有益じゃないままの可能性があります。


で、考えたのは僕にとってツイッターやブログは有益なのか?という問いです。これが考えてもわからないのです。

自分の言葉を吐き出すという行為だけであれば、日記で十分です。(しかし、日記は続いた試しがありません。)ツイッターやブログは、吐き出した言葉を誰かに読んでもらうという行為です。で、そこになんの有益性があるのか?

読んでもらって評価して欲しい?自分の存在を確かめたい?自分の書いたものを読んでもらうことの満足感?

僕の書く内容が他の方々のお役に立てている感じはしないし、何だろう?この欲しいという気持ちと、でも無意味だなという感じ。


今、少々戸惑っています。