読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

僕は常に心の平穏を求めている

こんにちは。

最近は日記という形を通して、ぼんやりとした思いをそこはかとなく書き記しています。その文末に、読書や運動の簡単な記録を書いていますが、そこに仏教という項目を付けています。
読書や運動は僕の生活に欠かせない要素で、これらが奪われると成長ができない要素です。仏教に関しても同様です。ただ、仏教に限らない宗教、宗教に限らない精神性。そこが僕には必要な要素です。

精神性がどのように僕の成長や生活に必要かというのを、今僕が思いつく一言で言うと「平穏」のためです。

平穏でありたいことの理由は何なのかというと、やはり究極の幸せの状態であるからと思います。心の平穏に始まり、生活の平穏、家族の平穏、地域の平穏、国家の平穏、地球の平穏、最後は宇宙の平穏まで。
ご存知の通り、平穏を得るのはとても難しいことです。そこに手が届いたと思ったら手からすり抜けて行く、つかんだと思った瞬間に手から抜けて行く。と思ったら、ふとした瞬間に手に入っていることに気がつくこともある。なんとも厄介なものなのです。

そうした精神性を確認するための手段が仏教に触れるという習慣なのです。ちなみに僕は仏教徒ではありません。所属という観点から見ると無宗教ですが、精神的な観点から見ると宗教や精神世界の教えに助けられているので、信心深い人ではあるでしょう。昔はそういう人がほとんどだったと思いますが、臨済宗玄侑宗久さんも仰られていますが、最近は皆さん信心よりもスマホに答えを求めているようです。

とりとめのない内容になってしまいましたが、普段の日記にある仏教の項目について書いてみました。