ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

扁桃腺切除術の記録 入院一日目

入院日がやってきました。指定された時間は朝10時でしたが、バスの時間の関係で30分前に到着。受付で入院手続きを済ませ、ボランティアさんが荷物を運んでくれ病室へ。病室は普通の4人部屋。廊下の一番端で廊下側のベッドになりました。

f:id:bonyarynosky:20160805193545j:plain

 循環器、眼科、耳鼻科の患者さんが入院する病棟です。同部屋の入院患者さんは、聞こえてくる話から察するに皆さん糖尿病の患者さんのようです。毎食前にインスリン打ったり、食事制限があったりと大変そう。
 
 まずは看護師から入院前に書いた問診票をベースに基本情報の確認。そして補助の方から施設などの案内説明。再び看護師から手術前後のスケジュールの説明。お昼ごはんを食べた後には、麻酔科に呼ばれ手術室へ。麻酔科の医師から麻酔や可能性のある副作用の説明がありました。
麻酔科の医師は陽気なおばちゃんみたいな感じの方で親しみやすい方でした。ただ、説明内容が結構専門的で、一般の方には分からないんじゃないかなと思いながら、いかに分かるように説明するかの大事さを再認識。仕事での参考にさせてもらいました。
 
その後は、手術で足に履くストッキングのサイズ合わせ程度で、特別何もない一日でした。このストッキングは弾性包帯とか弾性ストッキングとかいって、ふくらはぎの部分をきつく締めることで足の血流が滞らないようにするものです。(説明正しいかわかんないけど)
 
20年前に一度全身麻酔で手術していますが、その時にはこんなに色々な詳しい説明あったかなぁと思いました。患者にコンセンサスをしっかり取るというのは、患者側の権利意識の向上なのか、それとも病院のリスク管理意識の増加なのか。やっぱ後者かな。いずれにしても時代の流れですね。
 
20年前は鎖骨骨折の手術でした。術後体がかなり痛くて、丸一日動けなかったです。若い看護師に尿瓶お願いするのが恥ずかしかったなぁ。今回は前回と違い口から手術ですし、骨も関係無いので、動けない時間は短いようです。口と喉はえらいことになりそうですが。
 
さて、今晩の夕食です。

f:id:bonyarynosky:20160805193702j:plain

 量は少なめです。しかし、入院時の体重測定で5キロ増が判明したので、いい食事制限になりそうです。最近余裕だった服がきつくなってたし、近頃は運動不足に酒量増…あ、糖尿病他人事じゃないじゃん。
特に今回は扁桃腺を切るので、術後は食べられません。ダイエットのチャンス!退院時にダイエットに成功しているかどうかお楽しみに。
 
他にもテレビカードが反応しない、淹てもらったお茶がめちゃ熱で舌を火傷というハプニングもありましたが、平穏な一日目でした。夜は22時消灯。明日明後日は外泊で家に帰るので、2日分合わせての更新になります。それでは、おやすみなさーい。
 
扁桃腺除去術の記録 まとめページこちら