読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

7月の読書まとめ 「勉強がしたくてたまらなくなる本」から「「深読み」読書術: 人生の鉱脈は本の中にある」まで

読書

7月は妻の実家への行き返りの道中で読みました。見事にハウツーものが並びます。読書の仕方については方針を決めました。勉強の仕方についても、自分らしい勉強法に改めて気が付きました。本の中に書かれているハウツーはほとんど取り入れていませんが、自分が昔どうだったか?どの状態の時に最も効果的だったかを思い出すきっかけになりました。そういう意味でも読書という行為は気付きをもたらす素晴らしい行為です。

 

2016年7月の読書メーター


読んだ本の数:4冊
読んだページ数:998ページ
ナイス数:12ナイス

 

勉強がしたくてたまらなくなる本勉強がしたくてたまらなくなる本感想 読後に勉強がしたくてたまらなくなったか?というとなっていない。が、改めて当たり前のことができていないがゆえに勉強する気にならないことがあるんだなと思った。本書では述べられている愚図な人の最大の欠点は結果をすぐに欲しがることだと思う。本書で示されている各種技術は、優先順位をつける、目の前のことに集中する、マインドセットを変える、期日を意識することに集約され、優秀な方は勉強に限らず人生通してやっていることであると気づく。そう考えると学生時代の勉強を通してそうした技術的なことも学ぶのだから、勉強は大事だね。 読了日:7月18日 著者:廣政愁一
アー・ユー・フリー?: 自分を自由にする100の話アー・ユー・フリー?: 自分を自由にする100の話感想 この著者の「求めない」という本を昔読んで肩の荷が下りた記憶があります。この著作は講演集のまとめということで、口語体で書かれており、章立てが細かい分、パラパラとその時々で読めるのでなんとなく読みました。老子の思想もこの著者をはじめ、いろいろな方の解釈を経て僕の中に入ってきているのですが、そろそろ老子の原著をちゃんと読まないとなあって思います。自分ならどう解釈するか楽しみです。 読了日:7月4日 著者:加島祥造
読んだら忘れない読書術読んだら忘れない読書術感想 特別新しいアイディアは無かった。要はやるかやらないか。隙間時間はあまり意識的に使えてなかったので、読書に当ててみたい。スマホやネットの無駄時間も前からなくしたいと思っていたし。 読了日:7月3日 著者:樺沢紫苑
「深読み」読書術: 人生の鉱脈は本の中にある (単行本)「深読み」読書術: 人生の鉱脈は本の中にある (単行本)感想 小難しいなぁ。というのが第一印象。いろいろと読書術的な本は読んでいるが、究極のところ、とにかくつべこべ言わず読めや!読まんと始まらんやろということは共通点。自分の読書の偏りを把握して、読まず嫌いな分野にも攻め込みたい。 読了日:7月3日 著者:白取春彦
読書メーター