ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

泳ぐことについて語る時に僕が語ること

f:id:bonyarynosky:20160513065804j:plain

大型連休も終わり、ブログの更新が滞っているid:bonyarynoskyです。

 

村上春樹風なタイトルの背景

何か水泳に関する記事でもと思ったのですが、世の中にはすでに水泳に関する情報が溢れていまして、わざわざ僕が下手くそな文章で書く必要もないかなと諦めかけていましたが、別に自分が楽しむには構わないかと思うので村上春樹さんになったつもりで書くことにします。(まわりくどいし、村上春樹風なんて無理だし)

 

体力と技術のこと

どんなスポーツも体力の有無に加えて、技術の有無という側面があります。ですので独学で何かのスポーツがめっちゃ上手になるということはほとんどありません。例外としてはランニングがあります。走るというのは基本誰でもできることなので、他のスポーツと違って間口の広いスポーツです。(もちろん技術を知れば速くなるとか楽になるとかはありますが)

 

泳ぐ目的について

さて、水泳ですが、水泳は残念ながら技術という側面からは間口の狭いスポーツだと思います。水泳をする目的にもよりますが、長く楽に泳ぐにも、短距離をより速く泳ぐにも、独学ではなかなか難しいスポーツです。海で楽しく平泳ぎのように泳ぐ位が目的なら教わらなくてもできるでしょう。女の子と海でいちゃいちゃしながら泳ぐって楽しそうですよねー。(妄想中)

 

みなさんはどんな水泳を楽しんでおられますか?

 

僕の泳ぐ目的とは?

僕の水泳の楽しみは、長い距離をゆったりと滑らかに、でも、結構速く泳ぐことです。欲張りです。ええ。しかし、僕は泳ぐ時はいかにこれを達成するのかしか考えずに泳いでる変態です。(水着姿の若い女性スイマーに目が行く生まれつきの変態でもあります)

 

泳ぐことを書く時の方針

ですので、これからはこの僕の水泳の楽しみ方をお伝えすることを基本に水泳の記事を書くことにします。ただし、読んだら泳げるようにはなりませんし、泳いでる人も何かが変わるという保証もありませんので、その辺は愛好家の戯言半分に読んでいただければと思います。