読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

4月の読書まとめ 「風と遊び風に遊ぶ」から「これも修行のうち。【著者朗読版】」まで

4月はあまり冊数は読めませんでした。理由は二つ。体調不良の時期があったせいか、気持ちが読書に向かない日が多かったこと。もうひとつは春だからか、起きる時間が遅めだったこともあり、早朝の読書時間が確保できなかったこと。冊数たくさん読めばいいってものでもありませんが、人生における知的活動(?)のバロメーターとしてある程度は確保したいと思っています。

今回は草薙龍瞬さんの本がツボでした。普段は図書館で借りる派ですが、オーディオブックを購入し、仕事の行き帰りに聴いていました。仏教や老荘思想の考え方は好きですが、難しい本は途中で投げ出してしまうことが多く、こうしたエッセイ風のタイプは分かりやすくて入門としては良いと思います。(ずっと入門だけど...)原始仏教の原典も読んでみたいと思いました。手塚治さんの「ブッダ」もそろえてみたい。

 こうして一覧で見ると、少し自己啓発系に偏った月だったなと感じます。小説が一冊もない... 5月はどんな感じになるでしょう。気の向くままに読んでいきます。

 

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1900ページ
ナイス数:26ナイス

これも修行のうち。 【著者朗読版】これも修行のうち。 【著者朗読版】感想
「反応しない練習」を読んで波長が合う感じがしたので、またこの著者の本は読みたいと思っていた。オーディオブックがあるとのことで、思い切って購入。著者自身の朗読はなかなか面白かった。関西弁うまいなと思ったら奈良人だし。50ものプチ修行はちょっと多く感じた。やはり最後に述べられていた自分の動きへの緻密さの追求がすべてかなと思う。言い換えればていねいさということ。ていねいという言葉が流行ってるけど、行為そのものに注意を注ぐということの大事さを改めて確認できた。
読了日:4月30日 著者:草薙龍瞬
疲れやすい人の食事は何が足りないのか (青春新書プレイブックス)疲れやすい人の食事は何が足りないのか (青春新書プレイブックス)感想
ざーっと流し読み。食事は妻にお任せなのだが、読んでいると妻はよく考えて食事作ってくれてるんだなと認識。聞くとさほど栄養のバランスとは考えていないが、食材はバランスよく盛り込むようにしてるとのこと。ただ、結婚してから明らかに摂取量が変わったものがあり、やはり妻の好き嫌いが反映されていることにも気付いた。栄養学はとても興味あり。今後も勉強したい。
読了日:4月20日 著者:森由香子
スーパーベターになろう!スーパーベターになろう!感想
ゲームは目的を持ってするのなら害は無いどころか有益である。という科学的根拠に基づき、人生における諸問題をゲーム化してしまおうという面白い内容。ただ、個人的にはなかなかアダプトできないかなという印象。ライフハックとかもそうだが、手順が発生するだけでもうそれをこなすというのが生理的に無理なんだなぁ。自己啓発系のこのマッチョな感じがどうも馴染めない。
読了日:4月20日 著者:ジェインマクゴニガル
反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」感想
宗教としての仏教ではなく、ブッダの哲学が理解しやすい文章で語られている。これまではひろさちや氏や小池龍之介氏など、わかりやすい仏教の本はいくつか出ていたが、時代の要請なんだろうか。書いてあることは同じ仏教の話だからどの本もさほど変わらない。やはり問題はどう日常に般化させるかだが、これがなかなか根気が必要で本のようにわかりやすくは無い。
読了日:4月17日 著者:草薙龍瞬
日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)感想
読んでいて説教されてる気分に。ご本人にそのつもりは無いのだろうが、端々に上から目線を感じ読んでいて疲れた。大した量のない本だが、休み休みで読了。書いてあることは正しすぎるくらい正しい。悩み相談への回答だからこうなるだろう。悩む人は一読してみてもいいかもね。
読了日:4月17日 著者:厚切りジェイソン
年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)感想
炎上の人という印象の強い著者。だが、根底に流れる価値観は似ていると感じた。社会的つながりの大事さを唱えていて、それが嫌ならお金で解決という点は納得。個人的にはそこが面倒臭いのでお金で解決している。よって年収150万では無理。しかし、社会貢献への意識は参考になる。プロボノやってみたい。
読了日:4月10日 著者:イケダハヤト
個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書感想
ステップ一つ一つのつながりが読んでいてもすっと頭に入ってこず、ノートに書きながら読み進めた。中長期計画→中長期ミッション→年度目標→目標シート→成果と課題シート→能力開発プラン それぞれの項目にさらに肉付けがある。これやり始めるのはもちろん継続するのにかなりエネルギー必要そうだ。
読了日:4月10日 著者:五十嵐英憲
風と遊び風に学ぶ風と遊び風に学ぶ感想
ぼんやりの時間の著者の昔の本を読んでみる事にした。自然の中のちっぽけな人間だったり、人間の中にある宇宙的な感覚だったり、何か大きなものと一体となった人間観をやさしい文体で気持ち良く読ませてくれる。この著者のやさしさは、易しいだけじゃなく優しい。
読了日:4月9日 著者:辰濃和男

読書メーター