ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】プランク・ダイヴ グレッグ・イーガン

 

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)

 

 

SF読むぞーと意気込んで読み始めたがさっぱりわからん。ハードSFは好きなのだが、こんなにハードなSFは初めてで挫折した。(笑)娯楽作品なのに苦痛を感じたよ。

 

著者は理工系で大学院まで言っているオーストラリア人だそうで、科学的な理論が一般人には理解不能な言語で記述されている。設定も分かりにくくて、すごいイマジネーションで書かれた本格的なハードSFなんだろうなと思う。

 

僕はここまでハードだと読む気になれない。っていうか解説を書いている人でさえ分からない部分があるというのだから凡人には無理でしょ。

 

今別のSF読んでいるが、この本の後だけに非常に読みやすい。でもたまに頭をぐわーんと混乱させられるとか、訳わからん!と言う本を我慢して読む努力をすることは、脳にはいい刺激なような気がするな。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】5月読書のまとめ「逆境のリーダービジネスで勝つ36の実践と心得」から「ワーク・シフト-孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」まで

5月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1565
ナイス数:24

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉感想
訳者あとがきで要点は押さえられる。本文は冗長的で、全部読む気になれないので飛ばし読み。この本をもとに不安をあおるようなことを言うような方もいるし、こうした方がよいということを言う人もいるが未来のことだから実際は分からないよね。未来を予測してどうこうより、自分が今やっていることにちゃんと向き合えているかどうか?自分の志向をちゃんと理解しているかどうか?という社会の中での自分が分かっていれば不安がる必要はないと思う。副題がなんだか不安をあおる感じで読んでもあまりいい気分にはなれなかった。
読了日:05月29日 著者:リンダ・グラットン
脳のフィットネス完全マニュアル脳のフィットネス完全マニュアル感想
脳だけで生きているわけでもないけど、脳がないと生きていけない。脳だけが良くなってもダメだけど、脳も良くしたい。そんな感じで読めばいいんじゃない?脳に偏りすぎるのは良くないけど、結局脳に働きかけるには身体を通さなきゃいけないので必然的に脳以外の重要性がわかるはず。
読了日:05月22日 著者:フィル・ドブソン
シェルフをつくろう!はじめてのDIY (レッスンシリーズ)シェルフをつくろう!はじめてのDIY (レッスンシリーズ)感想
模様替えをしようと思っていて、実際にシェルフを作るつもりでいるので参考によんでみた。難しそうだな。
読了日:05月22日 著者:末永 京
入社1年目の教科書入社1年目の教科書感想
1年目じゃなくても勉強になる。初心に戻れる。特に読書の部分ははっとさせられた。最近読書数にちょっとこだわりすぎてたかも。もっと一冊をしっかり読もうっと。
読了日:05月14日 著者:岩瀬 大輔
絵物語 古事記絵物語 古事記感想
前回読んだ現代語訳版よりも理解は進んだかな。色々な訳本を読んでみるのがいいかも。
読了日:05月14日 著者:富安 陽子
世界で一番シンプルな時間術 [新装版]世界で一番シンプルな時間術 [新装版]感想
時間管理術の本と思って読んだら、どちらかというとどう生きるかみたいな本で予想に反した。けれども予想に反して面白い本で、心の持ちようという意味では参考になった。結構スピリチュアルな記述が多いなと思ったが、著者が牧師だからというのもありそうだ。健康が一番大事というくだりで、たんなるビジネス書とは違うホッとする感があったのは面白い感覚だった。
読了日:05月10日 著者:ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー,マリオン・キュステンマッハー
逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得感想
この本を読んで気づいたことは、体験談はその人となりを知らない限り、さほど身に染みてこないということ。書いてあることはいろいろなリーダーの本に書いてあることと大差ない。著者と同じ業界にいる人にはしっくりくるのかな。ちょっとハウツーから遠のいてみたくなった。
読了日:05月08日 著者:大塚 明生

読書メーター

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...