ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】氣の呼吸法 全身に酸素を送り治癒力を高める

 

氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める (幻冬舎文庫)

氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める (幻冬舎文庫)

 

 

昔から合気道が習いたいなあと思っているが、実現していない。実は随分昔にこの著者の息子さんの本を読んだことがある。

 

心を静める (幻冬舎文庫)

心を静める (幻冬舎文庫)

 

 

とても簡単なことが書いてあるのだが、実践はなかなか難しい。頭で理解するのと、無意識の生活で実践するのとでは天と地とほどの差がある。

 

臍下の一点。ここへ意識を集めること。

 

今、朝にやっている瞑想においても意識してみようと思う。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】安藤美冬氏が語る「人生を変える行動力の作り方」とは?


安藤美冬氏が語る「人生を変える行動力の作り方」とは?

 

グロービスの動画を紹介しながら言うのもなんだけど、苦手なタイプの人だ。(笑)行動力は大事だし、それがこの人の人生を大きく変えたのも重要なことだけど、苦手なタイプだ。

 

名刺交換を何千人とするとか、ちょっと考えられないなあ。続きそうもないことをすることはないと思う。

 

ただ、僕はこの人の動画を聴いていて思ったのは、やはりこの人にはこの人なりの目的意識があって、その目的のための行動力なんだなということ。やはりすべては目的によるし、その目的の意味合いみたいなものが大事。

 

目的とは「~するため」で、その意味合いとは「~だから」である。

 

たとえば恥ずかしいけど僕の人生の目的は目下のところ、

 

いかなる時にも物事の本質を捉え、家族のため人のためを第一に考え、家族や人々に安心感を与える

 

で、僕の行動力の目的は「本質を捉える」「人のためを第一に考える」「安心感を与える」の三つだ。その意味合いは、Life is the dancer and  I am the dance.に凝縮される。要はこの世界自体が表現者で、僕は上の三つの目的のための表現として存在していると考えているからだ。

 

まあ、上の目的を叶えるために名刺を何千人と交換しても、何かが起こるからやってみてもいいとは思うけど、その衝動がないな。

 

僕が今人生として特に仕事のおいてすごく考えているのが、来年以降の3年間かな。今は所属する部署の責任者として、この動画の方の言う3年目の区切りを迎えている。

 

なので今年で一つ、マイナスからようやく普通のレベルにまで持っていける段階をクリアはできると思う。次の3年をどうするか。これは今から考えなきゃいけない。

 

3年区切り。確かに区切りかもね。これからの時代は。行動して考えて、考えて行動して、まあ、なるようになるんだろうけど。

 

Life is the dancer and I am the dance.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...