ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】スコールの夜

 

スコールの夜

スコールの夜

 

 

エリートの世界は分かんないけど、ホント一体何のために仕事してんだい?って読みながら思った。

 

娘の友達のお父さん方に、銀行員の方が結構おられる。聞いた話だと、銀行員は退職の時期も一般企業と違って早いとか。どんな世界に生きてるんだろうなと思いつつも、家族と毎晩夕食が一緒に取れる僕は幸せ者だなと思う。

 

収入の差は歴然としているけれどね。(笑)

 

この本を読んだ感想は、「なんか言い訳がましいエンディングだな。」ということ。結局、仕事なんてそんなもんだみたいな幕切れは、普段はビジネスライクでクールな弁護士のNPO活動の意味合いをどこか薄めてしまっている感があるし、派閥争いとかに明け暮れる大企業や役所のどす黒さを正当化している感さえした。

 

で、読み終わった後に著者のプロフィールみたら官僚だし!(笑)

 

実は僕の父親も、ある省庁の官僚だったので、学閥とかね大変なのは聞き知っている。なんだろうね、あーいう世界。

 

サラリーマンで一般企業に勤めていたときに、常に感じていた違和感があった。それは「お客様のため」とかホームページでは言いつつ、実際は「自分たちのため」に仕事しているサラリーマン。

 

まあ、自分の知らぬ存ぜぬところで、お客様のためになっているのかもしれないけれど、僕はその当時全く実感はなかったし、なんだろうこれ?と思ってた。

 

どんな使命感を持って働くのか。結局、この主人公の使命感はどこにあったんだろうね。読み終わっても思い出せねえや。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】長女と二人で花火大会に行きそのまま実家にお泊り

週末は娘と花火大会へ。実家のマンションの屋上から観賞。

 

まだ2歳くらいの時に小さい花火大会に連れて行ったことはあるけど、4歳になって物事ある程度分かるようになってからは初めての花火大会。

 

f:id:bonyarynosky:20170806102635j:plain

f:id:bonyarynosky:20170806102710j:plain

f:id:bonyarynosky:20170806102732j:plain

 

4歳の娘はやはり1時間の集中力はなくて、途中で周りの人たちに気を取られていたけど、非日常空間は楽しかったみたい。その晩は、久しぶりに僕と二人で実家にお泊り。

 

妻は次女を寝かしつけて本を読んだり、ドラマを観たり、結構のんびりできたみたい。もう少しこういう機会を増やしてもいいかもな。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】VUCAの時代に求められるリーダーの視座 グロービス動画より


VUCAの時代に求められる「リーダーの視座」とは?~鈴木英敬×古川康×村田晃嗣×秋山咲恵

 

VUCAってなんだ?ということから分からなくて調べてみた。

 

Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせた造語

 

へー、そういう言葉があるんだ。ということから始まった。

 

このセッションで非常に印象に残ったポイントが4点。

 

  1. タラ―レンの「ゆっくり行きなさい、なぜなら、私は急いでいるのだから。」という言葉
  2. 自分の得意とする分野が点とすると、それ以外に知っている分野があると点と点が結びついて線になる。もう一つ点があると面積が出る。その部分が教養だ。
  3. 授業中に寝てる学生、スマホをしている学生、英語の予習をしている学生。何が不愉快かというと、見られている自分に気が付いていない。
  4. リーダーシップはフォロワーシップと対で考えるべき。優れたフォロワーじゃないと、リーダーにはなれない。

 

リーダーという立場さえ、VUCAの時代に巻き込まれていくんだろうなあ。面白かった。

 

Life is the dancer and I am the dance.