ボンヤリズム

自然に自然に。この瞬間を楽しみましょう。

【コト】呼吸という2つ目の気付き


f:id:bonyarynosky:20190522172257j:image

 

どうも、ぼんやり好きのボンヤリノスキーです。

 

 

 

先日ほぼ2ヶ月ぶりに発熱ありました。

 

 

 

ただ家族が風邪気味だったので、それをもらっただけの可能性もあります。

 

 

 

でも見分けつかないんでプレドニン飲みました。熱も喉痛もすっと引きましたが、その後咳喘息になって苦しかったです。未だに副鼻腔炎は少し残ってるかな。

 

 

 

まあでも調子は良いですよ。

 

 

 

力みも抜けて、最近は通っていた整骨院とかにも行かなくて済んでます。

 

 

 

さて今日は最近気が付いたことの2つ目。

 

 

 

呼吸の話です。

 

 

 

呼吸の専門家ではありませんので体験談として捉えてください。

 

 

 

以前から呼吸法ってのには興味津々でして、本も何冊か借りて勉強もしました。

 

 

 

基本の基本ですが、呼吸は次の意味で大事です。

 

 

 

自律神経支配動きの中で唯一コントロールが可能なもの。

 

 

 

心臓動かしたり、腸を動かしたり、汗を出したり止めたりは意識してできませんよね。大雑把にこうしたものが自律神経です。

 

 

 

呼吸も同じです。 要は無意識にでも動いてくれないと生命維持できないものです。

 

 

 

ところが呼吸の速度を変えること、一時的に止めること、吐く息と吸う息の割合を変えるのも意識的にできますよね。

 

 

 

なのでこのコントロールできる部分をコントロールすることで自律神経を若干コントロールできるわけです。

 

 

 

いろいろな呼吸法ありますよね。 あれがいいかな?これがいいかな?探しちゃいますよね。

 

 

 

わたしもいろいろなものを試しましたが、結果的に今は自己流です。

 

 

 

一番大事なこと。

 

 

 

自分が快適だと感じる、リラックスできる、何だか楽になると実感できるのが大事なのです。

 

 

 

だから正しい呼吸法を探る必要は、あえて素人として言いますが、必要ない!

 

 

 

ちなみにわたしが呼吸をする上で最も重要だと思うのは、今の普通の呼吸に意識を向けることです。

 

 

 

正しさも何もないです。方法にこだわらないです。

 

 

 

この今の瞬間のあなたの呼吸に意識を向けてください。

 

 

 

ほら、今ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?何かに気づきました?

 

 

 


あとはそれを常にやってください。

 

 

 

特に不安感や緊張感が強い方は頻繁にしてください。

 

 


とにかく今の呼吸に意識を向けるだけです。

 

 


次回はこの呼吸と脱力感が合わさるとの話をしてみます。

 

 

 

ではまた。

 

 


脱力、脱力。呼吸に意識、呼吸に意識。

【コト】最近、脱力から見えてきたこと。


f:id:bonyarynosky:20190511193334j:image

 

どうも、ぼんやり好きのボンヤリノスキーです。

 

 

 

このところ調子がまあ良くてですね、そのことについて書いてみようと思うわけです。

 

 

 

「まあ良い」という言い方が奥歯にモノの挟まったような言い方なわけですけど、これ自己炎症性疾患の方ならなんとなく分かっていただけるかなと思います。

 

 

 

良いと思ってるその日の午後からいきなり発熱したりするのがこの病気の特徴なので、総合的には良い感じだけど、良くなりました!と宣言できるほどの自信は持てないのです。

 

 

 

ただ傾向としては、総合的に良いと言えます。 薬が効いているのかどうかはわかりません。その事は記事にもしてきました。

 

 

 

それとは別に自分でうまくいってるなと感じるところがあるので、それを少し書いてみたいと思います。

 

 

 

1つ目からいきなり「は?」という感じのことを書きます。

 

 

 

力みを極力なくすことです。

 

 

 

なんで力みの話?という感じですが、これがわたし的にはとても大きな要素になっています。

 

 

 

力みに関する気付きはまずお腹から始まりました。

 

 

 

皆さんはお腹出てますか?ぽっこりお腹の中年ってどんなイメージでしょう?

 

 

 

わたしのイメージはだらしないというイメージです。これイメージと言うよりか価値観ですね。

 

 

 

この価値観の大本を掘り下げていくと、「他人の目」だったんです。 自分が中年のお腹の出たおっさんは格好悪いという価値観を持っていて、他人もそう考えてみているに違いないという思い込み。 その思い込みから他人の目が気になってたんですね。

 

 

 

面白いのはわたし自身この価値観を持っているということに気が付かなかったんです。

 

 

 

で、ある日ですね、脱力という言葉に出会って何だかピンときたんです。それで脱力を探るうちにわたしは普段お腹を意識的に頑張って引っ込めてるって。

 

 

 

以前、趣味でランニングやスイミングをかなりハードにやっていたので、その当時は意識しなくてもお腹は引っ込んでいたんですが、そうした運動をまともにしなくなってからも、その引き締まった体のイメージがあった上に、他人におっさん腹だと思われたくないと言う価値観から、常に頑張って腹を引っ込めていたんですよ。

 

 

 

で3月の後半くらいから腹の力抜くことにしたんです。腹が出てもいいや!人にどう思われようと関係ねー!と思うことにしたんです。

 

 

 

ただ体の使い方の癖ってなかなか抜けないんですよ。気がついたら勝手にお腹引っ込めて力入れてるんです。そのたびに腹を緩めるようにしていました。脱力脱力と唱えながらね。

 

 

 

今では完璧とは言いませんが、かなり腹の力抜けてきました。そうすると少しずつ体が楽になってきまして、最近は背中の痛みとかかなり減ってきています。

 

 

 

で、更にです。

 

 

 

腹の力を抜くと他の力みにも気づくんです。

 

 

 

私の場合は次に気づいた力みは顎でした。昔から噛み締めグセがあって寝ているときは歯ぎしりも多いです。舌にも歯の跡がつくぐらい口に力を入れてるんです。その力みは知ってはいたんですか、その力みをどう抜くのかがわからなかったんです。

 

 

 

ところが腹の力を抜いてから口の力みが抜けてきてるんです。もちろんまだまだ完全ではありませんよ。

 

 

 

腹から口、口から顔や頭。少しずつ力みに気付くようになって、そしてその力みを意図的に抜けるようになってきたんです

 

 

 

大事なことは、自分の思い込んだ価値観を勝手に他人に適用し、他人を通して自分を自分の凝り固まった価値観で縛っていたんです。

 

 

 

この気付き、目からウロコでした。

 

 

 

さて、力みの発見から次に繋がったのは呼吸なんですが、その話はまた後日に。

 

 

 

では。脱力脱力! 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...