読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】近所のうつわ屋 泰一庵さんへ

コト

10年連続でNAHAマラソンに出ていた僕ですが、結婚してから一度だけ家族も一緒に那覇に行ったことがあった。その時、妻が一番楽しんだのがここ。

 

www.tabirai.net

僕も妻も大して焼き物に詳しくはないのだが、見るのも使うのも好きだ。料理と合えば最高。まあ、料理は僕がするわけじゃないけど。

 

で、最近、近所に素敵な焼き物や発見。それがこちら。

 

taiitsuan.amebaownd.com

家のポストに入っていたはがきサイズのチラシに魅せられて、一度は行ってみたいねとは言っていたものの、子供も小さいし休日も予定入りーのでなかなか来れなかった。先日ようやく店に行くことができた。

 

狭い店舗だが、中には色々な種類のうつわが並んでいる。いやー、楽しい。聞くところによると、店主が色々な場所に買い付けに行っているそうだ。妻が「やちむんで見たような食器だなあ。」とつぶやくと、「それやちむんですよ。」と店主の声。

 

なんか、こういうの嬉しいよね。特別な知識はないけど、なんとなくつながった感。

 

子供たち用と自分たち用にいくつか食器を見繕って購入。楽しいひと時だった。お値段もお手ごろでいい感じ。

 

Life is the dncer and I am the dance.

【読書】七つの習慣(2)パラダイムについて

読書

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (773件) を見る
 

 

前回、認知フレームワークの違い(≒パラダイムの変換)の例として以下の二つの画像を紹介した。
 
その1 ルビンの壷

http://img01.ti-da.net/usr/hibikiayatori/%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%81%AB%E5%A3%BA%E5%8E%9F%E5%9E%8B%E5%8A%A0%E5%B7%A5.jpg 

 

その2 妻と義母
http://file.andornot.blog.shinobi.jp/bijos.jpg 

 

心理学の勉強をされた方なら分かるだろうが、いわゆる錯視である。ルビンの壷では白い部分を見れば壷しか見えないし、黒い部分に注意を向けると二人の人が向き合っているように見える。 

 

妻と義母では若い女の人が見える人は、逆に頬から顎のラインが大きな鼻のラインと見れば義母が見えるはずだし、逆に大きな鼻が中央に見えて老婆が見えている方は、その鼻が、頬から顎のラインだと思い、老婆の向かって右目が耳だと思えば、そこに実は若い女の人が見える。 

 

人間の視覚における注意の向け方により、同じ図柄が別物に見えるという認知フレームワークの存在の例である。 


この絵による視覚的認知フレームワークは非常に分かりやすいが、これと同じようなフレームワークを無数に抱えているのが人間だ。そのある意味偏った認知フレームワークにより世界を意味づけている。 

 

世界が意味をあなたに与えているのではなく、あなたが世界を意味づけているとも言える。

 

それがパラダイムだ。 

 

フレームワークが変われば、世界は異なって見えるし、聴こえるし、感じられる。それがパラダイムの変換だ。 

 

一文字を書いてじーっと眺める課題

昔、心理学の授業で教授が面白い課題を出した。こんな課題だ。

 

「竹」という文字をノートに一文字だけ書いて、それをじーっと眺め続けなさい。

 

結果が分かるまでに、かなりの時間を要する人もいるようだし、すぐにできるようになる人もいるようだ。

 

ノートの1ページに竹という漢字を一文字だけ書いて、ただじーっと眺めるだけの課題だ。ぜひやってみて欲しい。

 

その結果を先ほど説明した認知フレームワークの話と結び付けられれば、もうそれでパラダイムの話は分かったも同然。 

 

認知は何から起こるのか?

認知というのは僕なりの稚拙な言葉で説明すると、頭の中に出来上がった物事の意味合いに当てはめて物事を理解すること。

 

しかし、そこに行き着くまでにはいくつか必要なものがある。それはまず感覚だ。視覚・触覚・嗅覚・味覚などなど、色々な感覚がある。これは単に身体で起こる外界からの刺激を受けるものだ。

 
その次に知覚というものがある。感覚を通して入ってきた刺激に意識が向く。皮膚の触覚に鋭利な物が触れると「痛み」という知覚を得る。赤い車が走っているのを見ると「赤い動く大きな物体」のような知覚を得る。

 
それらを、頭の中にある意味に照らし合わせて「痛み」≒「危険な刃物」、「赤い動く大きな物体」≒「赤い自動車」のように認知する。それは、感覚⇒知覚で入ってきた情報を、「意味」すなわち、人生における学習から得た記憶とも言えるフレームワークに入れ込む作業に似ている。 


物事を理解する上で、このフレームワーク、特に認知フレームワークが大事だということは明らかだ。これがパラダイムと言える。なので、地方や外国に行くと文化というパラダイムの違いがあるし、個々の持つパラダイムも異なりえるのだ。

 

この部分の理解なくして、この本の真の理解はできないと僕は思うので、更に次回もパラダイムについて書いてみたい。ただし、心理学などについては、素人の範囲を出ないことをご了承願いたい。 

 

25th Anniversary 7 Habits of Highly Effective People (with Audio)

25th Anniversary 7 Habits of Highly Effective People (with Audio)

 
 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】しい茸ランドかさや しいたけ狩り&BBQ編

コト

前回のイチゴ狩りプラスしいたけ狩りプラスBBQの続き。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 椎茸狩りは、イチゴと違ってすでにそれ用に用意された椎茸のなった木が用意されていて、それをカゴに入れるというもの。

 

カゴもそんなに大きくなくて、すぐいっぱいになる。その採った椎茸を後でBBQで食べるので、あまり採りすぎても食べきれないので、まあ、こんなものか。

 

娘はイチゴと違って、椎茸は苦戦。なかなか固くて木から外れない。それでも楽しそう。

 

 

f:id:bonyarynosky:20170319123757j:plain

 

採った椎茸を待ってBBQ会場へ。お肉と野菜、椎茸ご飯のセット。それと採って来た椎茸。お値段の割にお肉の質は、ん?な感じだったけど総合的には満足。

 

f:id:bonyarynosky:20170319123142j:plain

 

椎茸の焼き方がなかなか難しかった。特に火加減が難しい。うまく焼けた椎茸は絶品。ビールにも合う。

 

ということで、楽しい一日が過ごせた。関西方面の方はぜひ。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【音楽】最近聞いているジャズ(後半)

音楽

先日紹介した記事の後半。単純な紹介なので興味の無い方はスルーを。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 


Modern Jazz Quartet - Trilogy (AudioSonic Music) [Full Album]

 


Piano Jazz & Jazz Piano: Parisian Summer (2 Hours of Best Smooth Jazz Piano Music)

 


Tommy Flanagan Ft. Elvin Jones / Wilbur Little - Overseas - Remastered 2016

 


Thelonious Monk - Solo Monk (HD FULL ALBUM)

 


Modern Jazz Quartet - Django ( full CD Remastered )

 

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

 

Jazz好きと言いつつ、実は長年どちらかというSmooth Jazzの方が好きだったのは今更の告白。いずれSmooth Jazzも紹介したい。特にお気に入りについてのみだけね。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】しい茸ランドかさや イチゴ狩り編

コト

 イチゴ好きの長女の誕生日祝いの一貫で、イチゴ狩りに行ってきた。イチゴ狩りプラスしいたけ狩りプラスBBQである。

 

場所は兵庫県三田市。家から小一時間。車を持っていない我が家には、公共交通機関で行けるのが嬉しい。

 

www.kasaya.net

 

大多数の方はBBQ後にデザートがわりにイチゴ狩りのようだが、我が家は逆パターン。人ごみ少ないパターンで行ってみた。

 

f:id:bonyarynosky:20170319122856j:plain

 

アキヒメという品種だそうで、柔らかくてとても美味しい。後のBBQのことも考えずに、食べまくった。後で撮った動画を見ると、娘が三つ食べてる間に僕は七つ位食べていて、妻から食べ過ぎーと非難。

 

f:id:bonyarynosky:20170319123109j:plain

 

昨年は神戸の北の方にイチゴ狩りに行ったけど、設備的にはこちらが良かった。何より腰の高さにイチゴがなっていて、とったその場で洗わずに食べられる。

 

ハウスの中は暖かくて、娘は上着を着ていたが、僕と妻は上着を脱いで身軽な格好でできたのも良かった。

 

そして味も美味しかったし、何より家から行きやすい!最寄りの駅から送迎もあるし。

 

次回は、椎茸狩りとBBQについて書いてみる。

 

Life is the dancer and I am the dance.

 

【読書】イヤな空気を一瞬で変える方法

読書

 

イヤな空気を一瞬で変える方法

イヤな空気を一瞬で変える方法

 

 

さらーっと読んで、あーこういうことしてるなとか、あーこれ苦手だなとか、いろんなテクニックは豊富。ただ第一章の「思考の切り換え」については、言うはやすしきよし。なかなかできる人はいない。

 

「7つの習慣」にもあるインサイドアウトの原理が、パラダイムとして身に付いてればよくわかる話だ。

 

そもそもこういう心理術みたなことに完璧な人なんて、胡散臭い。実際に会ったことないから知らないけど。

 

第二章以降も、基本は自分の思考をどう変えるか。読んでいて思ったのは、こちらばかりがやること多くてしんどいなってこと。ただ、他人は変えられないんだよね。教育とか育成も、こちらの一方の思いではまず不可能。

 

その視点からいくと、他人の気持ちがわからない人や、バカが多いという人はは、完全に自分の問題を人のせいにしてるだけ。他人は変えられない。という大前提が大事だ。

 

僕は仮に他人を変えられるとしたら2つの方法しかないと思ってる。

 

  1. 自分を変える
  2. 環境を変える

 

1に関していうと、まさしくパラダイムシフトしてなきゃ無理。僕の場合のパラダイム仏教

 

2に関していうと、これも色々なテクニックがあるが、対象が人ではなく環境なので取り組みやすい。だけど、まず何より人間関係の基礎にあるのは「信頼関係」や「愛」。その話抜きにテクニックを語ることは、ただの遊び。

 

この本を遊びで終わらせるか、更なる発展の礎にするかは読者次第だ。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【音楽】最近聞いているジャズ(前半)

音楽

義父のジャズレコードに刺激され、最近再び聴き始めたジャズだが、すごくリラックスできる。最近は、日によって通勤で聴いたり、ほぼ毎日昼休みに聴いている。今よく聴いているものを単純に紹介する。一つ一つが結構な長さだし、数もあるので、前後半で紹介。お好きな方はDLを。

 


The Dave Brubeck Quartet - Time Out - Mono & Stereo Edition (Not Now Music) [Full Album]

 


Jazz Trio: 'Parisian Summer' FULL ALBUM Jazz Trio (2 HOURS)

 


Oscar Peterson - Songs Masterpieces (Jazz Piano Classics Songs) [Greatest Jazz Hits]

 


Jimmy Raney - Best Of Jazz Guitar (2 hrs 45)

 

 

bonyarythm.hateblo.jp

 Life is the dancer and I'm the dance.