ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】いまさらながらボンヤリズムというこのブログについて再考

ブログでブログ論を書くときは、大抵の場合はネタがない時だ。

 

今までは何の気負いもなく更新していたブログが、更新しなければ!という気負いのあるブログになってきた。ということで、少しこのブログの意味合いを自分なりに整理しておきたい。

 

結論から言うと、

 

読者のためではなくて、ほぼ完全に自分のためなのだ。本を読み、動画を聴いて、それに対する自分の気づきをアウトプットする。それが目的。

 

それ以上でもそれ以下でもない。なので、書かなければと思って書く今の切迫感から少し離脱したい。まあ、単なる気持ちの問題なんだけど。(笑)

 

どうしてこんなことになったのかなと思い返してみた。

 

今年の2月から毎日ブログをUPし始めた。最初は、「毎日更新するぞ!」なんて目標は全くなく、書いている内に気が付いたら毎日更新していた。

 

というのも、このブログの記事は、全て予約投稿なのだ。書くときは2つ3つの記事を一気に書いてしまう。なので、下書き記事の数が減ってくると焦る。(笑)

 

読書や動画というインプットがあるから、ブログというアウトプットがあるのだが、最近このアウトプットのためのインプットになっていて、なんか優先順位違ってきてるぞとなってきた。

 

切実な問題としては、ブログのために本を読むことになると、どう書くかを考えながら読んじゃうんだよね。記事が書きたいがための読書。これダメ。本末転倒なんだよね。

 

なので、ちょっとここは気持ちをフレッシュにして、このブログはあくまでも掃き溜めにすると、再度思い直した。

 

矛盾するようだけど、なぜブログに書くのかというと、読む人がいるから。ノートに書いてまとめて終わりじゃ、ちょっとモチベーションには足りないけど、ブログに書くと少なくとも一人は読んでくれるから、書く気になる。

 

こんな掃き溜めブログ読んでくれている人は偉いし忍耐強いと思う。すごい!

 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】グロービス教員が語る「ビジネスパーソンに必要な資質」とは何か グロービス動画より


グロービス教員が語る「ビジネスパーソンに必要な資質」とは何か

 

今住んでいる自宅の近くに関西では比較的有名な大学がある。そこで医療経営のMBAが開校されていて、それに行こうかどうか2年迷った。結果、今のタイミングで行くのは、金銭的にも時間的にも難しいと判断したのだけど、未練はある。

 

そういう自分の経緯から、この動画は刺激的だ。ただ本来自分は医療従事者であり、ビジネスパーソンではない。

 

ただ、偶然にも今の部署を預かる立場になった。そしてマネジメントの分野に意図せず足を踏み入れてしまい、MBAというところに目が行ったわけだ。

 

意図せずというは大げさかな。

 

一般的には、いわゆる高校や大学を卒業し医療系の専門学校で国家試験受験資格を得て、医療従事者になるパターンが多い。ところが、僕はそうしたパターンと異なる変遷を経てきているのが大きい。

 

海外の大学でITや心理学、言語学を学んだ経験、日本の企業でB2BやB2Cの新規事業の立ち上げにがっつり関わった経験がある。アカデミックな感覚とビジネスの感覚が中途半端にある。

 

それが意図していないとは言え、マネジメントという一つの分野に素早く目が行くきっかけになったんだと思う。

 

マネジメントを行う上での理論性や、それをバックアップするアカデミズムがあるということを知っていた。そして、企業での経験。これが非常に大きい。

 

自分が働く今の現場では、そうした感覚を持つ人は皆無に近い。なので共通認識で物事が運べられないじれったさがある。が故に、改めてMBAを学ぶことが今の仕事にどう直結するのか分からないというのもあり諦めた。

 

この動画を聴いて、僕の選択は正しかったなと思う。やはり今の職場にいる限り、MBAで学ぶことの意味合いはあまり感じられない。今までの僕自身の経験で十分対応できる範囲で、MBAを学ぶことでさらにいら立ちを覚えそうだ。

 

動画の中でも触れられていたが、この世には二種類の人種がいる。過去ばかりを見て批判し行動を起こさない人々、未来を見て自分にできる行動を起こせる人。

 

今のところ僕は今の職場をやめる気はない。理由は簡単。僕以外に今僕がしている仕事ができる人がいないからだ。うぬぼれかもしれない。でも、精いっぱい客観的に見てもそう思う。

 

だから今僕がこの職場でできることは何か?今の職場に明るい未来を与えられるために、今ここで職場のためにできることをすることだけだ。

 

その際にMBAは必要か?僕は否と答えを出した。

 

大きな企業で大きな仕事がしたいなら別だよ。このパネリストたちみたいにね。

 

僕はそういう感覚はなくて、今の職場をどうにかしたいと考えている。そこにMBAは不要だね。このブログで紹介する本や動画から得られる知見と、そこから派生する自分の気づきでなんとかなりそうだ。

 

この動画に限らず様々な動画や読書を通して確信したことの一つは一つ。それは...

 

自分が生きる根源的な目的は何なのか?という問い。そして、それは自分のためではなくて、結局は他者のためであり、他者のためということがイコール自分のためであるという、一見矛盾した、しかし、明確な答えである。

 

他者のためと言いながら実は自分のために働いている人は多い。そこから、結果として自分のためだったと後から気づける働き方ができている人は少数だ。

 

それは嫌な仕事でもちゃんとするかどうか?自分のやり方だけに拘ってばかりいるか?その辺は他者のために働くという「覚悟の有無」を露見させる。

 

Life is the daner and I am the dance.

【読書】古事記

 

 素晴らしい睡眠薬だった。

 

池澤夏樹氏がずっと昔にラジオでこの日本文学全集を始めたときいて、まずは古典をほとんど読まないできたので、これを機会に読んでみたいと手に取った。

 

神様の名前がずらーっと紹介されていたり、お話が挿入されていたり、歌が生まれていたり、まあ、多種多様なのだが、訳が分からないというのが読後の感想である。

 

これはなにかに解説本でも読まなきゃ、消化不良のままだ。

 

それにしても昔の神や天皇たちは自由奔放だわ。日本は建国以来かなりフリーダムな国だったんだね。

 

女、殺し、妬み、今で言う人間の裏面が、まるで表面のように書かれている。

 

とにかく読み始めると、すごく眠くなるのは不思議だった。(笑)まずは一回読み通したから、次は解説本で補いたい。

Life is the dancer and I am the dance.