ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】頭がこんがらがってうまく話せない時に試して欲しい 知的な伝え方 出口汪

 

頭がこんがらがってうまく話せない時に試してほしい 知的な伝え方

頭がこんがらがってうまく話せない時に試してほしい 知的な伝え方

 

 

なかなか面白い読後感だった。というのも、内容的にはコミュニケーション初心者向けなのだが、一体コミュニケーション初心者って何だよ!?って疑問に思ったからだ。

 

大体コミュニケーションって言葉自体が日本語じゃない。MBAとか心理学あたりから入ってきた外来語なわけだから、当たり前だと言えば当たり前だ。

 

で、ふと気づくわけだ。日本では義務教育が9年ある。そして、世界の中でも識字率が飛びぬけて高い国だ。なのに、コミュニケーションが苦手な人が多い。なぜだ?

 

で、この本のタイトルがキーワードだと感じた。

 

  • 「頭がこんがらがって」という言葉。これって「思考」の問題だよね。
  • 「知的な」という言葉。これって「説得」って意味に捉えられるよね。
  • 「伝え方」という言葉。これって「話術」ってことだよね。

 

日本人は9年間の義務教育と、ほぼ義務教育化している日本の教育で「思考」「説得」「話術」について、ちゃんと学んでないってことになる。識字率が高くても、考えられないし人に理解してもらえないし話すこともできないってこと。

 

いやー、人材育成制度を作る上で、コミュニケーション力の向上させる教育の参考のために読んだ本だが、意図せず「コミュニケーション」ってのがかなり包括的なものだということが始めて理解できた。そして、それが苦手な人が多いことに愕然とする。

 

とにかくこういった本をどんどん読め!そして考えてまとめて話してみろ!としか言いようがないね。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】ツイッターの超プロが教えるFacebook仕事術 樺沢紫苑

 

ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術

ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術

 

 

樺沢先生の動画にはちょくちょくお世話になっている。自律神経障害と診断されて、いろいろとネットで調べている内に出会ったのだが、実は昔読んだ本の著者だったりもあって親近感がある。

 

著作も多く、魅力的なタイトルも多い。(笑)その中で今回は最も興味がなさそうな本を読んでみた。つまり挑戦である。(大げさ)

 

しかし、挑戦は失敗に終わり、結局飛ばし読みで終了。Facebookのことはほとんど分からず仕舞い。一度登録したことはあるけれど、どう使って良いかも分からないし、さほど他人と交流もしたくないしで放置して終了みたいな感じだった。

 

ビジネスとして使うのはありかもしれないけど、Facebookに登録していない人がそのページ開くとなんか変なページが出てくるでしょ?あれ嫌いだわ~。

 

しかし、内容は充実してそう。(ちゃんと読んでないくせに)Facebookを活用してビジネスしたい人にはいいんじゃないだろうか。ただ、5年後にFacebookが来ると書いている著者は外れているような気もするけど。(今はやっぱりLineでしょ?違うの?)

 

僕個人としては今の職場を外に売るために組織として使ってみたいなという気はあるかな。ホームページだけだと味気ないしね。「今」感がないよね。その時はまた勉強しよう。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【コト】自律神経障害を治すための、薬以外の僕の方法(6)

今年の2月に自律神経障害の診断が下りて、メイラックスという薬を飲み始めた。それ以降、以前の定期的な喉痛と高熱は出なくなった。

 

ただ薬に頼ってずっと行くわけにもいかない。そして元凶となっている何らかのストレスの要因も、具体的にそれが何か分からないのですぐに取り去ることもできない。

 

自分の人生が大きく変化したこの5年間がすべて良い面からも悪い面からもストレスだったろうし、そういう年頃だというのも要因だろう。しかし、それを一気に取り去るのは無理だ。

 

なのでその対処法を自分なりに探っている。

 

bonyarythm.hateblo.jp

 

これまでは主に朝のルーティン化に関して書くことが多かった。今日は一つ報告がある。それは前回の受診後、服薬は一日おきになった。

 

減薬の時、主治医は「減薬しなさい。」とは言わない。「一日おきにしてみるとか、毎日半錠にするのもいいと思いますよ。」という言い方をする。(笑)

 

まあいい方はともかく、主治医が減薬の話を出したということは、それなりに自分の対策が意味のあるものと捉えられたからかもしれない。全部、主治医には取り組みを話しているので。

 

一旦取り組みをまとめてみたい。

  1. 就寝・起床の時間をほぼ固定した。(22時~5時)
  2. 起床後はルーティン化(瞑想20分、読書、ブログ、情報収集、筋トレ)
  3. 出退勤時間の定時化(7時半の1時間前出社、残業なしの定時退社)
  4. 週1~2回のスイム再開(1回2kmちょい)
  5. 資格取得の勉強開始
  6. 今日よかったこと3つ日記
  7. 就寝前の読書(小説系を主とした)
  8. 良質な睡眠時間確保のための工夫(帰宅後のスマホ使用の最小限化)

 

スマホにしたことでルーティン化できたことが結構多い。例えば1・2・6・7番などはアプリにかなりお世話になっている。

 

せっかくだからアプリも紹介しておく。

play.google.com

play.google.com

play.google.com

play.google.com

 

後は習慣化を後押しするアプリとしてこれも使っている。

play.google.com

 

もう一つ、スマホの使い過ぎを抑制するためのアプリも非常に効果的に使わせてもらっている。

play.google.com

 

ウィジェット機能で画面からすぐに操作可能になるようにして、スマホに使われずに活用することができている。

 

とにかく実践して継続することで、なんとかこの自律神経障害の克服を目指したい。

 

Life is the dancer and I am the dance.