ボンヤリズム

Life is the dancer and I am the dance.

【モノ】Finlaysonのタオルケットと流しそうめん器

各種支払いでポイントを貯めているクレジットカードだが、新たにクレジットカードを変更するため、今のクレジットカードのポイントでいくつか買い物。

 

まず妻のリクエストで妻用のタオルケットだ。新婚旅行ではまったフィンランドブランドのFinlaysonのタオルケット。綿100%にこだわりのある妻も気に入って、さっそく熱帯夜をこれで過ごしている。

 

次も妻のリクエスト。子供の友達とかが来た時にあったらなあということで購入希望。最初、ポイントでの購入を考える前は、僕的には渋った商品である。年に何回使うのか?またモノを増やしてどうするのか?

 

ま、その二つの渋る要因は解決されていないが、ポイントだしいいかということで購入へ。まだ、使用していないけど。子供が楽しむことは間違いなし。

 

夏をちょいと楽しむグッズの購入。ポイント貯まっててよかった。次のカードは還元率の高いものにする予定なので、また、良い使い方ができればと思う。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【仏教】単刀直入 大愚和尚動画より


本音のぶつかりあい=お互いを認め合うこと|大愚禅【単刀直入】

 

単刀直入は日常に入り込んでいる禅語で、普段からよく使う言葉である。日常的な意味としては、「要するに」とか「端的に言うと」のようにポイントを絞って表現することとして用いられる。

 

和尚の説明を聴いていて思い出したのが、先日のコミュニケーションに関する動画の一部である。浜松市長が今の菅官房長官との出会いを語る場面だ。

 

bonyarythm.hateblo.jp

bonyarythm.hateblo.jp

 一言二言しゃべっただけで、「ん?この人は何か違うぞ。」と思わせるものがあったという話をしていた。また、まだ紹介はしていないが、藤原和博氏の動画にも、相手に自分を知ってもらうには最初15秒が勝負だというような話をしていた。

 

これらの動画が意味するところの、瞬時に「自分」が伝わる感覚。これが単刀直入のニュアンスとくっついて新たな気付きになった。

 

それを可能にさせるのは何かを考えた時に、やはり「強い思い」であるとか「志」であるとか「使命感」であるとか、そうしたうちからグーッと出てくるものがあるかどうか?そこが大事なのだろうと思った。

 

もちろん、禅という無駄なものをそぎ落とした世界の要点を突くという態度とは、ちょっとニュアンスが違うのかもしれない。しかし、ちょいと視点を変えると、何か自分の中に確たるものがない人には、要点など突けないないのである。

 

最近、なかなか大愚和尚の動画の更新頻度に追い付けてないが、また少しずつ紹介していきたい。

 

Life is the dancer and I am the dance.

【読書】運営からトラブル解決までマンション管理組合お役立ちハンドブック

 

運営からトラブル解決まで マンション管理組合お役立ちハンドブック

運営からトラブル解決まで マンション管理組合お役立ちハンドブック

 

 

今期から住んでいるマンションの理事になり、理事長になった。

 

大規模マンションであれば、理事なんてそんなに回ってこないだろう。うちは20戸程度の小規模マンションなので、引っ越ししてきて3年で回ってきた。

 

しかも、前回の定期総会は僕の仕事のある土曜日に開催されたので、理事は事前に承認していたが理事長は欠席裁判である。まあ、うちの理事会はどんな決め方しているかしらないが、今までのやり方で決めていいですよと言っていたらこうなった。

 

基本は管理会社に基幹業務から管理を任せているので、大きな仕事は自ら起こさない限り何もないと思う。大規模修繕とかあるなら別だが。

 

しかし、前回の定期総会の議題で、管理会社が修繕積立費のマイナス予算を立ててきたのにはびっくりした。数年後の大規模修繕のために以前から住んでいる住民は高めの修繕積立金を頑張って貯めてきていると聴いていたので、今使う!?という驚きだ。

 

結局、定期総会は反対票が多く、多くの議題が見直しになったそうだ。

 

僕は仕事をあるし、小さな子供たちもいるし、さほど熱を挙げて理事長をしたいとは思っていない。しかし、住民の住環境をないがしろにもできないし。最低限のことはしないといけないなあと思う。

 

マンション管理についての本については、以前にこの本を読んだこともある。

 

マンション管理組合運営の手引き 5訂版 (住宅・不動産実務ブック)

マンション管理組合運営の手引き 5訂版 (住宅・不動産実務ブック)

 

 

今回の本より、上記の本の方が分かりやすかったかな。まあ、同じ内容が書いてあるのだろうけど、この手の本はやっぱり読みやすさ勝負だね。

 

マンションライフ、今の僕の家は立地的にも環境的にもとても良いので、管理組合は一番面倒くさいけど、やるしかない。でも、やり始めたらまじめにやりすぎる傾向があるので、ほどほどにしておこう。

 

Life is the dancer and I am the dance.